いつか書きたい三国志

2024年夏の勉強メモ

『朱子語類』資治通鑑綱目の自著Q&A

朱子語類 -> 朱子二 -> 論自注書 -> 通鑑綱目
https://ctext.org/zhuzi-yulei/107/zh

說編通鑑綱目,尚未成文字。因言:「伯恭大事記忒藏頭亢腦,如摶謎相以。又,解題之類亦大多。」

『通鑑綱目』を編ずるを說くに、尚ほ未だ文字を成さず。因りて言ふ、「伯恭(呂祖謙)の『大事記』は忒て藏頭亢腦たりて、摶謎が如く相 以てす。又 解題の類ひ亦た大いに多たり」と。

問:「『正統』之說,自三代以下,如漢唐亦未純乎正統,乃變中之正者;如秦西晉隋,則統而不正者;如蜀東晉,則正而不統者。」曰:「何必恁地論!只天下為一,諸侯朝覲獄訟皆歸,便是得正統。其有正不正,又是隨他做,如何恁地論!有始不得正統,而後方得者,是正統之始;有始得正統,而後不得者,是正統之餘。如秦初猶未得正統,及始皇并天下,方始得正統。晉初亦未得正統,自泰康以後,方始得正統。隋初亦未得正統,自滅陳後,方得正統。如本朝至太宗并了太原,方是得正統。又有無統時:如三國南北五代,皆天下分裂,不能相君臣,皆不得正統。義剛錄作:「此時便是無統。」某嘗作通鑑綱目,有『無統』之說。此書今未及修,後之君子必有取焉。溫公只要編年號相續,此等處,須把一箇書『帝』、書『崩』,而餘書『主』、書『殂』。既不是他臣子,又不是他史官,只如旁人立看一般,何故作此尊奉之態?此等處,合只書甲子,而附注年號於其下,如魏黃初幾年,蜀章武幾年,吳青龍幾年之類,方為是。」又問:「南軒謂漢後當以蜀漢年號繼之,此說如何?」曰:「如此亦得。他亦以蜀漢是正統之餘,如東晉,亦是正統之餘也。」問:「東周如何?」曰:「必竟周是天子。」問:「唐後來多藩鎮割據,義剛錄云:「唐末天子不能有其土地,亦可謂正統之餘否?」則如何?」曰:「唐之天下甚闊,所不服者,只河北數鎮之地而已。」義剛錄云:「安得謂不能有其土地!」淳。義剛同

問ふ、「正統の說,三代より以下、漢・唐の如きも亦た未だ正統に純ならず、乃ち變中の正なる者なり。秦・西晉・隋の如きは、則ち統なるも正ならざる者なり。蜀・東晉の如きは、則ち正なるも統ならざる者なり」と。曰く、「何ぞ必ず恁地(かよう)に論ずるや。只だ天下 一と為し、諸侯 朝覲して獄訟 皆 歸せば、便ち是れ正統を得たり。其の正不正有りて、又 是れ他に隨ひて做し、如何に恁地(かよう)に論ずるや。始め正統を得ざるも、後に方に得る者有らば、是れ正統の始なり。始め正統を得るも、後に得ざる者有らば、是れ正統の餘なり。秦初の如きは猶ほ未だ正統を得ざるも、始皇 天下を并すに及び、方(はじ)めて始めて正統を得たり。晉の初も亦た未だ正統を得ざるも、泰康(武帝司馬炎)より以後、方めて始めて正統を得たり。隋初も亦た未だ正統を得ざるに、陳を滅すより後、方めて正統を得たり。本朝(宋)の如きは太宗(北宋の二代趙匡義)太原を并はせ了はるに至り、方めて是れ正統を得たり。又 統無き時有り。三國・南北・五代の如きは、皆 天下 分裂し、相 君臣たる能はざれば、皆 正統を得ず。『義剛錄』作る、「此の時 便ち是れ無統なり」と。某 嘗て『通鑑綱目』を作り、『無統』の說有り。此の書 今 未だ修するに及ばざるも、後の君子 必ず焉を取るもの有らん。溫公 只だ年號を編みて相 續かしめんと要し、此らの處、須らく一箇を把りて(正統な国を1つ選び出して)『帝』と書き、『崩』と書き、而して餘に『主』と書き、『殂』と書くべし。既ち是れ他(当事者の国)の臣子にあらず、又 是れ他の史官ならず、只だ旁人 立ちて一般を看るが如ければ(当事者でなければ)、何の故に此の尊奉の態を作るや。此らの處、合に只だ甲子と書きて(年号でなく干支で年を表記し)、而して附して年號を其の下に注すべし。魏の黃初幾年,蜀の章武幾年,吳の青龍幾年の類が如くせば、方に是と為す」と。

三国時代は「無統」なので、三国いずれの年号を記すこともなく、本文ではただ十干十二支で年を表現し、注釈をぶらさげて三国の年号を表記すればよい。


又問:「南軒謂漢後當以蜀漢年號繼之,此說如何?」曰:「如此亦得。他亦以蜀漢是正統之餘,如東晉,亦是正統之餘也。」問:「東周如何?」曰:「必竟周是天子。」問:「唐後來多藩鎮割據,義剛錄云:「唐末天子不能有其土地,亦可謂正統之餘否?」則如何?」曰:「唐之天下甚闊,所不服者,只河北數鎮之地而已。」義剛錄云:「安得謂不能有其土地!」淳。義剛同

又 問ふ、「南軒(張栻)謂ふらく漢の後 當に蜀漢の年號を以て之に繼ぐ。此の說 如何」と。曰く、「此の如きも亦た得たり。他も亦た蜀漢を以て是れ正統の餘とし、東晉の如きも、亦た是れ正統の餘とす」と。問ふ、「東周は如何」と。曰く、「必ず竟に周は是れ天子なり」と。問ふ、「唐の後來 多く藩鎮 割據す。『義剛錄』云はく、唐末の天子 其の土地を有つ能はず。亦た正統の餘と謂ふ可きや否やと。則ち如何」と。曰く、「唐の天下 甚だ闊く、服せざる所の者は、只だ河北の數鎮の地のみ。『義剛錄』云ふ、安にか得て其の土地を有つ能はずと謂ふや」と。(記録者)淳。義剛 同じ。

溫公通鑑以魏為主,故書「蜀丞相亮寇」何地,從魏志也,其理都錯。某所作綱目以蜀為主。後劉聰石勒諸人,皆晉之故臣,故東晉以君臨之。至宋後魏諸國,則兩朝平書之,不主一邊。年號只書甲子。

溫公の『通鑑』魏を以て主と為し、故に「蜀の丞相亮 寇す」と書す。何地(なん)ぞや、魏志に從へばなり。其の理 都て錯なり。某 作る所の『綱目』は蜀を以て主と為す。後に劉聰・石勒の諸人、皆 晉の故臣なり、故に東晉 以て之に君臨す。宋(劉宋)・後魏(北魏)の諸國に至り、則ち兩朝 平しく之を書し、一邊を主とせず。年號 只だ甲子と書く。

朱子は、蜀漢を「無統」とする説に同意しながらも、司馬光『資治通鑑』が魏を主とすることを批判し、それを逆転させた。それは、魏(曹操)が漢臣だったという経緯に基づく。「蜀漢が曹魏よりも正しい」という理由ではないことに注意が必要。ゆえに、劉聡・石勒(前趙・後趙)は晋臣として扱って、『資治通鑑綱目』では東晋の年号を用いるという。劉宋(南朝宋)に至り、一度も北魏を従えたことがないため、機械的に年号を十干十二支で表す。ここに「正しさ」の判定はない。


問綱目主意。曰:「主在正統。」問:「何以主在正統?」曰:「三國當以蜀漢為正,而溫公乃云,某年某月『諸葛亮入寇』,是冠履倒置,何以示訓?緣此遂欲起意成書。推此意,修正處極多。若成書,當亦不下通鑑許多文字。但恐精力不逮,未必能成耳。若度不能成,則須焚之。」大雅

『綱目』の主意を問ふ。曰く、「主は正統に在り」と。問ふ、「何を以て主 正統に在りとす」と。曰く、「三國 當に蜀漢を以て正と為し、而れども溫公 乃ち云ふ、某年某月『諸葛亮入寇』と。是れ冠履 倒置せば、何を以て訓を示さん。此に緣りて遂に意を起して書を成さんと欲す。此の意を推すに、修正する處 極めて多し。若し書を成さば、當に亦た『通鑑』の許多(あまた)の文字を下らざるべし(長大な記述に劣ることはない)。但だ精力 逮ばず、未だ必ず能く成さざるを恐るるのみ。若し度りて能く成さずんば、則ち須らく之を焚くべし」と。(記録者)大雅

『資治通鑑綱目』を一念発起して書いた理由は、諸葛亮が「入寇」扱いされているからだ。だから蜀漢を「正」とした。しかしこの歴史観・価値判断の基準ですべてを書き切ることに対しては、心が折れている。


問:「宋齊梁陳正統如何書?」曰:「自古亦有無統時。如周亡之後,秦未帝之前,自是無所統屬底道理。南北亦只是並書。」又問:「東晉如何書?」曰:「宋齊如何比得東晉!」又問:「三國如何書?」曰:「以蜀為正。蜀亡之後,無多年便是西晉。中國亦權以魏為正。」又問:「後唐亦可以繼唐否?」曰:「如何繼得!」賜

問ふ、「宋齊梁陳 正統は如何に書すか」と。曰く、「古より亦た無統の時有り。周 亡ぶの後、秦 未だ帝せざるの前の如し。是より統屬する所底(の)道理無し。南北も亦た只だ是れ並書す」と。又 問ふ、「東晉 如何に書すか」と。曰く、「宋齊 如何ぞ東晉に比し得るや(東晋は正統にできる点が宋斉梁陳と異なる)」と。又 問ふ、「三國 如何かに書すか」と。曰く、「蜀を以て正と為す。蜀 亡ぶの後、多年無くして便ち是れ西晉なり(蜀漢が滅びてから年数を隔てずに魏が滅んだ)。中國も亦た權に魏を以て正と為す(蜀漢の滅亡から魏晋革命までのあいだは魏を正統としてよい)」と。又 問ふ、「後唐も亦た以て唐に繼ぐ可きや否や」と。曰く、「如何んぞ繼ぐを得るや」と。(記録者)賜。

蜀漢について「入寇」というのは許せないが、何がなんでも魏がダメというわけではない。蜀漢滅亡から西晋成立までのあいだは、曹魏を「権(かり)」に正統とすることは是認される。「かわいた」正統観が感じられて、それは朱子もまた宋代の人間だからでしょう。蜀漢を押しのけて曹魏に軸足を置くという司馬光の記述に、局所的に反発したに過ぎない。


綱目於無正統處,並書之,不相主客。通鑑於無統處,須立一箇為主。某又參取史法之善者:如權臣擅命,多書以某人為某王某公。范曄卻書「曹操自立為『魏公』」。綱目亦用此例。方子

綱目 正統無き處に於て、之を並書し、主客を相せず。通鑑 統無き處に於て、須らく一箇を立てて主と為す。某 又 史法の善き者を參取す。權臣 擅命するが如きは、多く書すらく某人を以て某王某公と為すと。范曄 卻りて書す「曹操 自立して『魏公』と為る」と。綱目 亦た此の例を用ふ。(記録者)方子

司馬光は強引に1つの勢力を「主」として主客を明らかにした。しかし朱子は、むりに主客の区別をつけなかった。権臣の自立・自称は、范曄の書き方に従った。


問:「武后擅唐,則可書云:『帝在房陵。』呂氏在漢,所謂『少帝』者,又非惠帝子,則宜何書?」曰:「彼謂『非惠帝子』者,乃漢之大臣不欲當弒逆之名耳。既云『後宮美人子』,則是明其非正嫡元子耳。」大雅

問ふ、「(則天)武后 唐を擅にせば、則ち書きて『帝 房陵に在り』と云ふ可し。呂氏 漢に在り、所謂『少帝』なる者は、又 惠帝の子に非ず。則ち宜しく何(いか)に書くべきか」と。曰く、「彼『惠帝の子に非ず』と謂ふ者は、乃ち漢の大臣 弒逆の名に當たるを欲せざるのみ。既に『後宮の美人の子』と云ふ、則ち是れ明らかに其の正嫡元子に非ざるのみ」と。(記録者)大雅。

或問武后之禍。曰:「前輩云,當廢武后所出,別立太宗子孫。」曰:「此論固善。但當時宗室為武后殺盡,存者皆愚暗,豈可恃?」因說:「通鑑提綱例:凡逆臣之死,皆書曰『死』。至狄仁傑,則甚疑之。李氏之復,雖出仁傑,然畢竟是死於周之大臣。不柰何,也教相隨入死例,書云,某年月日狄仁傑死也。」大雅。百六

或ひと(則天)武后の禍を問ふ。(朱子)曰く、「前輩(だれ?)云ふらく、當に武后の出づる所(武后の子)を廢し、別に太宗の子孫を立つべし」と。曰く、「此の論 固に善し。但だ當時の宗室 武后の殺し盡すところと為り、存する者 皆 愚暗なり。豈に恃む可きか」と。因りて說く、「通鑑 綱例を提げて、凡そ逆臣の死するや、皆 書して『死』tと曰ふ。狄仁傑(則天武后に信任された)に至り,則ち甚だ之を疑ふ。李氏(唐帝国)の復は、仁傑に出づると雖も、然れども畢竟 是れ周の大臣に死す。奈何とせざれば、也(また) 相 隨ひて死の例に入れしめ、書して、某年月日に狄仁傑 死すと云へ」と。(記録者)大雅、百六。240705