いつか読みたい晋書訳

晋書_載記第十九巻_後秦_姚泓

翻訳者:佐藤 大朗(ひろお)
主催者による翻訳です。お気づきの点がございましたら、ご指摘くださいませ。

姚泓

原文

姚泓字元子、興之長子也。孝友寬和而無經世之用、又多疾病、興將以為嗣而疑焉。久之、乃立為太子。興每征伐巡游、常留總後事。博學善談論、尤好詩詠。尚書王尚・黃門郎段章・尚書郎富允文以儒術侍講、胡義周・夏侯稚以文章游集。時尚書王敏・右丞郭播以刑政過寬、議欲峻制、泓曰、「人情挫辱、則壯厲之心生。政教煩苛、則苟免之行立。上之化下、如風靡草。君等參贊朝化、弘昭政軌、不務仁恕之道、惟欲嚴法酷刑、豈是安上馭下之理乎。」敏等遂止。泓受經於博士淳于岐。岐病、泓親詣省疾、拜于牀下。自是公侯見師傅皆拜焉。
興之如平涼也、馮翊人劉厥聚眾數千、據萬年以叛。泓遣鎮軍彭白狼率東宮禁兵討之、斬厥、赦其餘黨。諸將咸勸泓曰、「殿下神算電發、蕩平醜逆、宜露布表言、廣其首級、以慰遠近之情。」泓曰、「主上委吾後事、使式遏寇逆。吾綏御失和、以長姦寇、方當引咎責躬、歸罪行間、安敢過自矜誕、以重罪責乎。」其右僕射韋華聞而謂河南太守慕容筑曰、「皇太子實有恭惠之德、社稷之福也。」其弟弼有奪嫡之謀、泓恩撫如初、未嘗見於色。姚紹每為弼羽翼、泓亦推心宗事、弗以為嫌。及僭位、任紹以兵權、紹亦感而歸誠、卒守其忠烈。其明識寬裕、皆此類也。
興既死、祕不發喪。南陽公姚愔及大將軍尹元等謀為亂、泓皆誅之。命其齊公姚恢殺安定太守呂超、恢久乃誅之。泓疑恢有陰謀、恢自是懷貳、陰聚兵甲焉。泓發喪、以義熙十二年僭即帝位、大赦殊死已下、改元永和、廬于諮議堂。既葬、乃親庶政、內外百僚增位一等、令文武各盡直言、政有不便于時、事有光益宗廟者、極言勿有所諱。

訓読

姚泓 字は元子、興の長子なり。孝友寬和にして經世の用無く、又 疾病多く、興 將に以て嗣と為すとも焉を疑ふ。久之、乃ち立ちて太子と為す。興 征伐し巡游する每に、常に留めて後事を總べしむ。博學にして談論を善し、尤も詩詠を好む。尚書の王尚・黃門郎の段章・尚書郎の富允文 儒術を以て侍講し、胡義周・夏侯稚 文章を以て游集す。時に尚書の王敏・右丞の郭播 刑政の過寬を以て、議して制を峻せんと欲するに、泓曰く、「人情 挫辱せられ、則ち壯厲の心 生ず。政教 煩苛なれば、則ち苟免の行 立つ。上の下を化するや、風の草を靡かすが如し。君ら朝化に參贊し、政軌を弘昭するに、仁恕の道に務めず、惟だ法を嚴くし刑を酷とせんと欲す、豈に是れ上を安じ下を馭するの理なるか」と。敏ら遂に止む。泓 經を博士の淳于岐に受く。岐 病むや、泓 親ら詣りて省疾し、牀下に拜す。是より公侯 師傅に見るとき皆 焉に拜す。
興の平涼に如くや、馮翊の人たる劉厥 眾數千を聚め、萬年に據りて以て叛す。泓 鎮軍の彭白狼を遣はして東宮の禁兵を率ゐて之を討たしめ、厥を斬り、其の餘黨を赦す。諸將 咸 泓に勸めて曰く、「殿下の神算 電發し、醜逆を蕩平し、宜しく露布して表言し、其の首級を廣め、以て遠近の情を慰むべし」と。泓曰く、「主上 吾に後事を委ね、寇逆を式遏せしむ。吾が綏御 和を失ひ、以て姦寇を長ず、方に當に咎を引き躬を責むるべし、罪を行間に歸するは、安ぞ敢て過ちて自ら矜誕して、罪責を重ねんか」と。其の右僕射の韋華 聞きて河南太守の慕容筑に謂ひて曰く、「皇太子 實に恭惠の德有り、社稷の福なり」と。其の弟たる弼 奪嫡の謀有り、泓の恩撫 初の如し、未だ嘗て色を見さず。姚紹 每に弼の羽翼と為り、泓 亦た心を宗事に推し、以て嫌を為さず。僭位するに及び、紹に任ずるに兵權を以てし、紹 亦た感じて誠に歸し、卒かに其の忠烈を守る。其の明識 寬裕たること、皆 此の類なり。
興 既に死し、祕して喪を發せず。南陽公の姚愔及び大將軍の尹元ら亂を為さんと謀り、泓 皆 之を誅す。其の齊公の姚恢に命じて安定太守の呂超を殺さしめ、恢 久しくして乃ち之を誅す。泓 恢に陰謀有るを疑ひ、恢 是より貳を懷き、陰かに兵甲を聚む。泓 喪を發するや、義熙十二年を以て僭して帝位に即き、殊死已下を大赦し、永和と改元し、諮議堂に廬す。既に葬り、乃ち庶政を親し、內外百僚 位を增すこと一等、文武をして各々直言を盡さしめ、政 時に便ならざる有り、事 宗廟を光益する者有らば、極言して諱む所有る勿からしむ。

現代語訳

姚泓は字を元子といい、姚興の長子である。親兄弟と睦まじく寛大で温和だが、統治の才能がなく、病気がちで、姚興は継嗣にしたが迷っていた。しばらくして太子に立った。姚興が征伐し巡遊するとき、いつも留守を任された。博学で議論を得意とし、もっとも詩詠を好んだ。尚書の王尚・黄門郎の段章・尚書郎の富允文は儒学により侍講し、胡義周・夏侯稚は文章により集って交際した。ときに尚書の王敏・右丞の郭播は刑政が寛大すぎるので、厳格化しようとしたが、姚泓は、「人は気持ちが挫かれると、剛直な心が生まれる。政教が煩瑣で苛烈なら、投げやりな行いをする。君主が民衆を教化するのは、風が草を靡かせるようなもの。きみらは朝政に参加し、教化してゆくべきを、仁恕の道に務めず、ただ法制と刑罰を厳しくしようとしているが、君主を安定させ民衆を善導する方法であろうか」と言った。王敏らは思い止まった。姚泓は経学を博士の淳于岐から習った。淳于岐が病気になると、みずから見舞って看病し、寝台の下に拝した。これ以降(後秦では)公侯が師傅に会うときは同じように拝するようになった。
姚興が平涼に行くと、馮翊の人である劉厥が兵数千を集め、万年を拠点として叛乱した。姚泓は鎮軍将軍の彭白狼を派遣し東宮の禁兵を率いて討伐させ、劉厥を斬り、それ以外の残党を赦した。諸将はみな姚泓に、「殿下の神算がすばやく発揮され、醜悪な逆賊を平定しました、戦果を天下に公表し、獲得した首級の数を広め、遠近の感情を鎮めなさい」と言った。姚泓は、「主上が私に後方の政務を委ねられ、逆賊の制圧を期待された。しかし私の統御が調和を失い、謀反が起きた、私の罪と責任である、民間のせいにするのは、自ら失敗をしておきながら成果を宣伝することになる、これ以上の失敗を重ねまい」と言った。右僕射の韋華はこれを聞いて河南太守の慕容筑に、「皇太子は恭恵の徳がある、社稷にとって福である」と言った。その弟である姚弼は嫡子の地位を狙ったが、姚泓の態度は以前と変わらず、不機嫌を表に出さなかった。姚紹はつねに姚弼を補佐したが、姚泓もまた親族に配慮し、嫌悪感を表さなかった。不当に(後秦の君位に)即位すると、姚紹に兵権を授けたので、姚紹もまた反省して(姚泓に)帰順し、忠烈を守るようになった。その見識の明るさと寛容さは、このようであった。
姚興が死ぬと、秘して喪を発さなかった。南陽公の姚愔及び大将軍の尹元らが乱を起こそうと画策し、姚泓は彼らを誅した。斉公の姚恢に命じて安定太守の呂超を殺させ、姚恢はしばらくして彼を誅した。姚泓は姚恢に陰謀があると疑い、姚恢はこれにより二心を抱き、陰かに武装兵を集めた。姚泓の喪を発し、義熙十二(四一六)年に不当に皇帝に即位し、死罪以下を大赦し、永和と改元し、諮議堂に廬を営んだ。埋葬を終えると、親政し、内外百僚に一階級を増し、文部の官に直言させ、時宜を逸した政治や、宗廟を繁栄させるための意見があれば、遠慮なく提案をさせた。

原文

初、興徙李閏羌三千家於安定、尋徙新支。至是、羌酋党容率所部叛還、遣撫軍姚讚討之。容降、徙其豪右數百戶于長安、餘遣還李閏。北地太守毛雍據趙氏塢以叛于泓、姚紹討擒之。姚宣時鎮李閏、未知雍敗、遣部將姚佛生等來衞長安。眾既發、宣參軍韋宗姦諂好亂、說宣曰、「主上初立、威化未著、勃勃強盛、侵害必深、本朝之難未可弭也。殿下居維城之任、宜深慮之。邢望地形險固、總三方之要、若能據之、虛心撫禦、非但克固維城、亦霸王之業也。」宣乃率戶三萬八千、棄李閏、南保邢望。宣既南移、諸羌據李閏以叛、紹進討破之。宣詣紹歸罪、紹怒殺之。初、宣在邢望、泓遣姚佛生諭宣、佛生遂讚成宣計。紹數其罪、又戮之。
泓下書、士卒死王事、贈以爵位、永復其家。將封宮臣十六人五等子男、姚讚諫曰、「東宮文武、自當有守忠之誠、未有赫然之效、何受封之多乎。」泓曰、「懸爵於朝、所以懲勸來效、標明盛德。元子遭家不造、與宮臣同此百憂、獨享其福、得不愧於心乎。」讚默然。姚紹進曰、「陛下不忘報德、封之是也。古者敬其事、命之以始、可須來春、然後議之。」乃止。并州・定陽・貳城胡數萬落叛泓、入于平陽、攻立義姚成都於匈奴堡、推匈奴曹弘為大單于、所在殘掠。征東姚懿自蒲坂討弘、戰于平陽、大破之、執弘、送於長安、徙其豪右萬五千落于雍州。
仇池公楊盛攻陷祁山、執建節王總、遂逼秦州。泓遣後將軍姚平救之、盛引退。姚嵩與平追盛及于竹嶺、姚讚率隴西太守姚秦都・略陽太守王煥以禁兵赴之。讚至清水、嵩為盛所敗、嵩及秦都・王煥皆戰死。讚至秦州、1.退還仇池。先是、天水冀縣石鼓鳴、聲聞數百里、野雉皆雊。秦州地震者三十二、殷殷有聲者八、山崩舍壞、咸以為不祥。及嵩將出、羣僚固諫止之。嵩曰、「若有不祥、此乃命也、安所逃乎。」遂及於難。識者以為秦州泓之故鄉、將滅之徵也。

1.「退還」の上に「盛」の字を補うべきという。主語を楊盛としないと、文意が通じない。

訓読

初め、興 李閏羌三千家を安定に徙し、尋いで新支に徙す。是に至り、羌酋の党容 所部を率ゐて叛きて還り、撫軍の姚讚を遣はして之を討たしむ。容 降り、其の豪右數百戶を長安に徙し、餘 遣りて李閏に還らしむ。北地太守の毛雍 趙氏塢に據りて以て泓に叛し、姚紹 討ちて之を擒ふ。姚宣 時に李閏に鎮し、未だ雍の敗るるを知らず、部將の姚佛生らを遣はして來りて長安を衞らしむ。眾 既に發し、宣の參軍の韋宗 姦諂にして亂を好み、宣に說きて曰く、「主上 初めて立ち、威化 未だ著れず、勃勃 強盛にして、侵害 必ず深からん、本朝の難 未だ弭む可からざるなり。殿下 維城の任に居り、宜しく深く之を慮れ。邢望は地形 險固なり、三方の要を總し、若し能く之に據り、虛心に撫禦せば、但だ克く維城を固むるのみに非ず、亦た霸王の業なり」と。宣 乃ち戶三萬八千を率ゐ、李閏を棄て、南のかた邢望を保つ。宣 既に南のかた移り、諸羌 李閏に據りて以て叛し、紹 進みて討ちて之を破る。宣 紹に詣りて罪に歸し、紹 怒りて之を殺す。初め、宣 邢望に在り、泓 姚佛生を遣はして宣を諭さしめ、佛生 遂に宣の計に讚成す。紹 其の罪を數め、又 之を戮す。
泓 書を下し、士卒の王事に死すれば、贈るに爵位を以てし、永く其の家を復す。將に宮臣十六人を五等の子男に封ぜんとするに、姚讚 諫めて曰く、「東宮の文武、自ら當に守忠の誠有るべし、未だ赫然の效有らず、何ぞ受封の多きや」と。泓曰く、「爵を朝に懸くるは、來效を懲勸し、盛德を標明する所以なり。元子 家の不造に遭ひ、宮臣と此の百憂を同にし、獨り其の福を享くるは、得て心に愧ぢざるか」と。讚 默然とす。姚紹 進みて曰く、「陛下 報德を忘れずんば、之を封ずることは是なり。古者 其の事を敬ひ、之に命ずるに始めを以てす、來春を須つ可し、然る後に之を議せよ」と。乃ち止む。并州・定陽・貳城胡 數萬落 泓に叛し、平陽に入り、立義の姚成都 匈奴堡を攻むるに、匈奴 曹弘を推して大單于と為し、所在に殘掠せしむ。征東の姚懿 蒲坂より弘を討ち、平陽に戰ひ、大いに之を破り、弘を執へ、長安に送り、其の豪右の萬五千落を雍州に徙す。
仇池公の楊盛 攻めて祁山を陷し、建節の王總を執へ、遂に秦州に逼る。泓 後將軍の姚平を遣はして之を救はしめ、盛 引退す。姚嵩 平と與に盛を追ひて竹嶺に及び、姚讚 隴西太守の姚秦都・略陽太守の王煥を率ゐて禁兵を以て之に赴く。讚 清水に至り、嵩 盛の為に敗られ、嵩及び秦都・王煥 皆 戰死す。讚 秦州に至り、退きて仇池に還る。是より先、天水の冀縣の石鼓 鳴り、聲 數百里に聞え、野雉 皆 雊(な)く。秦州の地震は三十二、殷殷として聲有ること八、山は崩れ舍は壞れ、咸 以て不祥と為す。嵩 將に出でんとするに及び、羣僚 固く之を諫止す。嵩曰く、「若し不祥有らば、此れ乃ち命なり、安ぞ逃るる所あらんか」と。遂に難に及ぶ。識者 以為へらく秦州は泓の故鄉なり、將に之を滅するの徵なりと。

現代語訳

これより先、姚泓は李閏の羌族三千家を安定に移し、ほどなく新支に移した。このときに至り、羌酋の党容が部族を率いて叛いて帰還したので、撫軍将軍の姚讚に討伐させた。党容が降服すると、その豪族の数百戸を長安に移し、残りを李閏に帰らせた。北地太守の毛雍は趙氏塢を拠点として姚泓に叛き、姚紹が討伐して彼を捕らえた。姚宣はこのとき李閏に出鎮しており、まだ毛雍の敗北を知らず、部将の姚仏生らを使わして長安を守りに行かせた。軍勢が出発すると、姚宣の参軍の韋宗は邪悪でへつらって乱を好むので、姚宣に、「主上は即位したばかりで、権威がまだ表れず、勃勃は強盛なので、きっと侵略に苦しめられ、後秦王朝の困難は続くでしょう。殿下は藩国を任されており、この事態をよくお考えになって下さい。邢望は地形が堅固であり、三方を要地に囲まれています、もしここを拠点にし、ひたすら防御と慰撫に徹すれば、一城を維持できるだけでなく、覇王の業を始めることができます」と言った。姚宣三万八千戸を率い、李閏を棄て、南のかた邢望を拠点とした。姚宣が南に移ってしまうと、諸羌が李閏を拠点として叛し、姚紹は進んでこれを撃破した。姚宣は姚紹の前に自首したが、姚紹は怒って彼を殺した。これより先、姚宣が邢望にいるとき、姚泓は姚仏生を派遣して姚宣を説得したが、姚仏生は(反対に説得されて)姚宣の計画に賛成した。姚紹はその罪を責め、彼も誅戮した。
姚泓は文書を下し、士卒が王事のために死ねば、爵位を贈り、長く家の租税を免除するとした。宮臣の十六人を五等爵制の子や男に封建しようとしたので、姚讚が諫めて、「東宮の文武は、忠節の誠があって当然です、めぼしい功績がないのに、爵位を与え過ぎでしょう」と言った。姚泓は、「朝廷が爵位を配るのは、功績を奨励し、盛徳を明らかにするためだ。天子の家に不幸があり、宮臣は憂いを共有してくれた、私だけが福を受けるのは、おかしいではないか」と言った。姚讚は黙ってしまった。姚紹が進み出て、「陛下が報徳を忘れぬなら、封建するのは良いでしょう。ですが昔から封爵は大切にされ、年始に実施してきました、来春を待ち、その後に議論されますように」と言った。中止された。并州・定陽・貳城胡の数万落が姚泓に叛し、平陽に入ったので、立義将軍の姚成都が匈奴のとりでを攻めたところ、匈奴が曹弘を大単于に推戴し、現地で掠奪をした。征東将軍の姚懿が蒲坂から曹弘を討伐し、平陽で戦い、大いに破り、曹弘を捕らえ、長安に送り、その豪族たち一万五千落を雍州に移した。
仇池公の楊盛が祁山を陥落させ、建節将軍の王総を捕らえ、とうとう秦州に逼った。姚泓が後将軍の姚平を派遣して救援させると、楊盛は撤退した。姚嵩は姚平とともに楊盛を追って竹嶺に及び、姚讚は隴西太守の姚秦都・略陽太守の王煥を率いて禁兵を動員して向かった。姚讚が清水に至るころ、姚嵩は楊盛に敗れ、姚嵩及び姚秦都・王煥はみな戦死した。姚讚が秦州に至ると、(楊盛は)退いて仇池に還った。これより先、天水の冀県で石鼓が(ひとりでに)鳴り、その音が数百里に聞こえ、野生の雉がみな鳴いた。秦州で地震が三十二回起こり、ごうごうと響くこと八回、山は崩れて家屋が壊れ、みな不吉と考えた。姚嵩が出撃するとき、群僚は強く諫止した。姚嵩は、「もし不吉ならば、それは運命である、どうして逃れられようか」と言った。結局は災難が及んだ。識者は秦州が姚泓の故郷であるから、(後秦の)滅亡の予兆だと捉えた。

原文

赫連勃勃攻陷陰密、執秦州刺史姚軍都、坑將士五千餘人。軍都瞋目厲聲數勃勃殘忍之罪、不為之屈、勃勃怒而殺之。勃勃既克陰密、進兵侵雍、嶺北雜戶悉奔五將山。征北姚恢棄安定、率戶五千奔新平、安定人胡儼・華韜等率眾距恢、恢單騎歸長安。立節彌姐成・建武裴岐為儼所殺、鎮西姚諶委鎮東走。勃勃遂據雍、抄掠郿城。姚紹及征虜尹昭・鎮軍姚洽等率步騎五萬討勃勃、姚恢以精騎一萬繼之。軍次橫水、勃勃退保安定、胡儼閉門距之、殺鮮卑數千人、據安定以降。紹進兵躡勃勃、戰于馬鞍坂、敗之、追至朝那、不及而還。
楊盛遣兄子倦入寇長蛇。平陽氐苟渴聚眾千餘、據五丈原以叛、遣鎮遠姚萬・恢武姚難討之、為渴所敗。姚諶討渴、擒之。泓使輔國斂曼嵬・前將軍姚光兒討楊倦于陳倉、倦奔于散關。勃勃遣兄子提南侵池陽、車騎姚裕・前將軍彭白狼・建義蛇玄距却之。
尋而晉太尉劉裕總大軍伐泓、次于彭城、遣冠軍將軍檀道濟・龍驤將軍王鎮惡入自淮肥、攻漆丘・項城、將軍沈林子自汴入河、攻倉垣。泓將王苟生以漆丘降鎮惡、徐州刺史姚掌以項城降道濟、王師遂入潁口、所至多降服。惟新蔡太守董遵固守不降、道濟攻破之、縛遵而致諸軍門。遵厲色曰、「古之王者伐國、待士以禮。君奈何以不義行師、待國士以非禮乎。」道濟怒殺之。
姚紹聞王師之至、還長安、言于泓曰、「晉師已過許昌、豫州・安定孤遠、卒難救衞、宜遷諸鎮戶內實京畿、可得精兵十萬、足以橫行天下。假使二寇交侵、無深害也。如其不爾、晉侵豫州、勃勃寇安定者、將若之何。事機已至、宜在速決。」其左僕射梁喜曰、「齊公恢雄勇有威名、為嶺北所憚、鎮人已與勃勃深仇、理應守死無貳、勃勃終不能棄安定遠寇京畿。若無安定、虜馬必及於郿・雍。今關中兵馬足距晉師、豈可未有憂危先自削損也。」泓從之。吏部郎懿橫密言於泓曰、「齊公恢於廣平之難有忠勳於陛下、自陛下龍飛紹統、未有殊賞以答其意。今外則致之死地、內則不豫朝權、安定人自以孤危逼寇、欲思南遷者十室而九、若擁精兵四萬、鼓行而向京師、得不為社稷之累乎。宜徵還朝廷、以慰其心。」泓曰、「恢若懷不逞之心、徵之適所以速禍耳。」又不從。

訓読

赫連勃勃 攻めて陰密を陷し、秦州刺史の姚軍都を執へ、將士五千餘人を坑す。軍都 目を瞋らせ聲を厲して勃勃の殘忍の罪を數め、之の為に屈せず、勃勃 怒りて之を殺す。勃勃 既に陰密に克ち、兵を進めて雍を侵し、嶺北の雜戶 悉く五將山に奔る。征北の姚恢 安定を棄て、戶五千を率ゐて新平に奔り、安定の人たる胡儼・華韜ら眾を率ゐて恢を距み、恢 單騎にて長安に歸る。立節の彌姐成・建武の裴岐 儼の為に殺され、鎮西の姚諶 鎮を委てて東のかた走る。勃勃 遂に雍に據り、郿城を抄掠す。姚紹及び征虜の尹昭・鎮軍の姚洽ら步騎五萬を率ゐて勃勃を討ち、姚恢 精騎一萬を以て之に繼ぐ。軍 橫水に次り、勃勃 退きて安定に保し、胡儼 閉門して之を距み、鮮卑數千人を殺し、安定に據りて以て降る。紹 兵を進めて勃勃を躡し、馬鞍坂に戰ひ、之を敗り、追ひて朝那に至り、及ばずして還る。
楊盛 兄の子たる倦を遣はして長蛇に入寇す。平陽氐の苟渴 眾千餘を聚め、五丈原に據りて以て叛し、鎮遠の姚萬・恢武の姚難を遣はして之を討たしめ、渴の為に敗らる。姚諶 渴を討ち、之を擒とす。泓 輔國の斂曼嵬・前將軍の姚光兒をして楊倦を陳倉に討たしめ、倦 散關に奔る。勃勃 兄の子たる提を遣はして南のかた池陽を侵し、車騎の姚裕・前將軍の彭白狼・建義の蛇玄 距みて之を却く。
尋いで晉の太尉たる劉裕 大軍を總べて泓を伐ち、彭城に次り、冠軍將軍の檀道濟・龍驤將軍の王鎮惡を遣はして淮肥より入り、漆丘・項城を攻め、將軍の沈林子 汴より河に入り、倉垣を攻む。泓の將たる王苟生 漆丘を以て鎮惡に降り、徐州刺史の姚掌 項城を以て道濟に降り、王師 遂に潁口に入り、至る所 多く降服す。惟だ新蔡太守の董遵のみ固守して降らず、道濟 攻めて之を破り、遵を縛りて諸々の軍門に致す。遵 色を厲して曰く、「古の王者 國を伐つに、士を待するに禮を以てす。君 奈何ぞ不義を以て師を行ひ、國士を待するに非禮を以てするか」と。道濟 怒りて之を殺す。
姚紹 王師の至るを聞き、長安に還り、泓に言ひて曰く、「晉師 已に許昌を過ぎ、豫州・安定 孤遠なり、卒に救衞し難し、宜しく諸鎮戶を遷して京畿を內實し、精兵十萬を得る可し、以て天下に橫行するに足る。假使し二寇 交々侵すとも、深害無きなり。如し其れ爾らず、晉 豫州を侵し、勃勃 安定を寇せば、將に之を若何。事機 已に至る、宜しく速決在るべし」と。其の左僕射の梁喜曰く、「齊公恢 雄勇にして威名有り、嶺北の憚る所と為り、鎮人 已に勃勃と深仇なり、理は應に死を守りて貳無くあるべし、勃勃 終に安定を棄てて京畿に遠寇すること能はず。若し安定無くんば、虜馬 必ず郿・雍に及ばん。今 關中の兵馬 晉師を距ぐに足り、豈に未だ憂危有らずして先に自ら削損する可きや」と。泓 之に從ふ。吏部郎の懿橫 密かに泓に言ひて曰く、「齊公恢 廣平の難に於て陛下に忠勳有れども、陛下 龍飛し紹統してより、未だ殊賞有りて以て其の意に答ふへず。今 外は則ち之を死地に致し、內は則ち朝權に豫らず、安定の人 自ら孤危を以て逼寇せられ、南遷を思はんと欲する者十室ありて九、若し精兵四萬を擁し、鼓行して京師に向はば、得て社稷の累と為らざるか。宜しく徵して朝廷に還し、以て其の心を慰むべし」と。泓曰く、「恢 若し不逞の心を懷かば、之を徵すは適だ禍を速むる所以なるのみ」と。又 從はず。

現代語訳

赫連勃勃が陰密を攻め落とし、秦州刺史の姚軍都を捕らえ、将士五千餘人を穴埋めにした。姚軍都は目を怒らせ声を励まして勃勃の残忍の罪を責め、屈服しなかったので、勃勃は怒って彼を殺した。勃勃が陰密で勝利すると、兵を進めて雍を侵略し、嶺北の雑戸はすべて五将山に逃げた。征北将軍の姚恢は安定を棄て、五千戸を率いて新平に逃げ込み、安定の人である胡儼・華韜らは軍勢を率いて姚恢を拒み、姚恢は単騎で長安に帰った。立節将軍の弥姐成・建武将軍の裴岐は胡儼に殺され、鎮西将軍の姚諶は鎮所を捨てて東へと逃亡した。勃勃が雍を拠点とし、郿城を侵略した。姚紹及び征虜将軍の尹昭・鎮軍将軍の姚洽らは歩騎五万を率いて勃勃を討伐し、姚恢が精騎一万でこれに続いた。軍が横水に駐屯すると、勃勃は退いて安定を拠点にしようとしたが、胡儼は閉門して勃勃を拒み、鮮卑の数千人を殺し、安定の城ごと(後秦に)降服した。姚紹は兵を進めて勃勃を追跡し、馬鞍坂で戦って、彼を破り、追って朝那に至ったが、追いつけずに還った。
楊盛は兄の子である楊倦を送り込んで長蛇に入寇させた。平陽氐の苟渴が兵千餘を集め、五丈原を拠点として叛すると、鎮遠将軍の姚萬・恢武将軍の姚難にこれを討伐させたが、苟渴に敗れた。姚諶は苟渴を討ち、彼を捕らえた。姚泓は輔国将軍の斂曼嵬・前将軍の姚光児に楊倦を陳倉で討たせ、楊倦は散関に逃げた。勃勃は兄の子である赫連提を遣わして南のかた池陽を侵略し、車騎将軍の姚裕・前将軍の彭白狼・建義将軍の蛇玄が防いでこれを退けた。
東晋の太尉である劉裕が大軍を統括して姚泓を討伐して、彭城に停泊し、冠軍将軍の檀道済・龍驤将軍の王鎮悪を派遣して淮肥から入らせ、漆丘・項城を攻め、将軍の沈林子が汴水から黄河に入り、倉垣を攻めた。姚泓の将である王苟生は漆丘(の城)ごと鎮悪に降り、徐州刺史の姚掌は項城ごと道済に降り、東晋軍が潁口に入り、到達した所で多くは降服をした。新蔡太守の董遵だけが固守して降らず、道済はこれを攻め破り、董遵を縛って軍門を引き回した。董遵は顔色を変え、「古の王者が敵国を討伐すると、士人を礼により待遇した。 きみはなぜ不義の遠征を行い、国士に非礼を働くのか」と言った。道済は怒って彼を殺した。
姚紹は東晋(劉裕)軍の到来を聞き、長安に還り、姚泓に、「東晋軍はすでに許昌を過ぎており、豫州・安定は孤立して遠く、もう救援が難しい、諸々の鎮戸を遷して(東方から引き上げて)京畿を満たせば、精兵十万を得られ、天下を席捲できます。もし二寇(北魏・東晋)が代わる代わる侵略しても、深刻な被害は出ません。もしそうせず、東晋が豫州を侵略し、勃勃が安定を侵略すれば、対処不能です。時機は到来しています、即決を願います」と言った。左僕射の梁喜は、「斉公恢は勇敢で威名があり、嶺北に憚られ、鎮所の人はすでに勃勃と深い仇敵関係にあります、死守をして二心を抱く道理がありません、勃勃が安定を諦めれば彼は京畿に遠征できません。もし(わが軍が)安定を失えば、勃勃の軍馬は必ず郿・雍に及ぶでしょう。いま関中の兵馬は東晋を防ぐに十分です、どうしてまだ危機ではないのに自分から(領土を)欠損させるのですか」と言った。姚泓はこれに従った。吏部郎の懿横が密かに姚泓に、「斉公恢は広平の難(姚弼の謀反)のとき陛下に忠勲がありましたが、陛下が皇帝を継位してから、まだ恩賞に見合う働きがありません。いま外にいて死地を任され、内では朝政に参加せず、安定の人は孤立して(勃勃の)進攻に晒され、南に移住したいと考える者が九割おります、もしも(斉公恢が独立し)精兵四万を擁し、軍鼓を鳴らして京師(長安)に向かえば、社稷は存続できません。(安定から中央に)徴して朝廷に参加させ、彼の心を労いなさい」と言った。姚泓は、「斉公恢が対抗心を持っているなら、彼を徴すのは禍い(決起)を早めるだけだ」と言った。これにも従わなかった。

原文

王師至1.(城皋)〔成皋〕、征南姚洸時鎮洛陽、馳使請救。泓遣越騎校尉閻生率騎三千以赴之、武衞姚益男將步卒一萬助守洛陽、又遣征東・并州牧姚懿南屯陝津為之聲援。洸部將趙玄說洸曰、「今寇逼已深、百姓駭懼、眾寡勢殊、難以應敵。宜攝諸戍兵士、固守金墉、以待京師之援、不可出戰。如脫不捷、大事去矣。金墉既固、師無損敗、吳寇終不敢越金墉而西。困之於堅城之下、可以坐制其弊。」
時洸司馬姚禹潛通於道濟、主簿閻恢・楊虔等皆禹之黨、嫉玄忠誠、咸共毀之、固勸洸出戰。洸從之、乃遣玄率精兵千餘南守柏谷塢、廣武石無諱東戍鞏城、以距王師。玄泣謂洸曰、「玄受三帝重恩、所守正死耳。但明公不用忠臣之言、為姦孼所誤、後必悔之、但無及耳。」會陽城及成皋・滎陽・武牢諸城悉降、道濟等長驅而至。無諱至石關、奔還。玄與晉將毛德祖戰于柏谷、以眾寡而敗、被瘡十餘、據地大呼。玄司馬2.騫鑒冒刃抱玄而泣、玄曰、「吾瘡已重、君宜速去。」鑒曰、「若將軍不濟、當與俱死、去將安之。」皆死於陣。姚禹踰城奔于王師。道濟進至洛陽、洸懼、遂降。時閻生至新安、益男至湖城、會洛陽已沒、遂留屯不進。
姚懿嶮薄、惑於信受、其司馬孫暢姦巧傾佞、好亂樂禍、勸懿襲長安、誅姚紹、廢泓自立。懿納之、乃引兵至陝津、散穀以賜河北夷夏、欲虛損國儲、招引和戎諸羌、樹己私惠。懿左常侍張敞・侍郎左雅固諫懿曰、「殿下以母弟之親、居分陝之重、安危休戚、與國共之。漢有七國之難、實賴梁王。今吳寇內侵、四州傾沒、西虜擾邊、秦涼覆敗、朝廷之危有同累卵、正是諸侯勤王之日。穀者、國之本也、而今散之。若朝廷問殿下者、將何辭以報。」懿怒、笞而殺之。
泓聞之、召姚紹等密謀於朝堂。紹曰、「懿性識鄙近、從物推移、造成此事、惟當孫暢耳。但馳使徵暢、遣撫軍讚據陝城、臣向潼關為諸軍節度。若暢奉詔而至者、臣當遣懿率河東見兵共平吳寇。如其逆釁已成、違距詔敕者、當明其罪於天下、聲鼓以擊之。」泓曰、「叔父之言、社稷之計也。」於是遣姚讚及冠軍司馬國璠・建義蛇玄屯陝津、武衞姚驢屯潼關。
懿遂舉兵僭號、傳檄州郡、欲運匈奴堡穀以給鎮人。寧東姚成都距之、懿乃卑辭招誘、深自結託、送佩刀為誓、成都送以呈泓。懿又遣驍騎王國率甲士數百攻成都、成都擒國、囚之、遣讓懿曰、「明公以母弟之親、受推轂之寄、今社稷之危若綴旒然、宜恭恪憂勤、匡輔王室。而更包藏奸宄、謀危宗廟、三祖之靈豈安公乎。此鎮之糧、一方所寄。鎮人何功、而欲給之。王國為蛇畫足、國之罪人、已就囚執、聽詔而戮之。成都方糾合義眾、以懲明公之罪、復須大兵悉集、當與明公會於河上。」乃宣告諸城、勉以忠義、厲兵秣馬、徵發義租。河東之兵無詣懿者、懿深患之。臨晉數千戶叛應懿。姚紹濟自蒲津、擊臨晉叛戶、大破之、懿等震懼。鎮人安定郭純・王奴等率眾圍懿。紹入於蒲坂、執懿囚之、誅孫暢等。

1.中華書局本に従い、「城皋」を「成皋」に改める。
2.「騫鑒」は、『資治通鑑』巻百十七は「蹇鑒」に作る。

訓読

王師 成皋に至り、征南の姚洸 時に洛陽に鎮し、使を馳せて救を請ふ。泓 越騎校尉の閻生を遣はして騎三千を率ゐて以て之に赴かしめ、武衞の姚益男 步卒一萬を將ゐて助けて洛陽を守り、又 征東・并州牧の姚懿を遣はして南のかた陝津に屯して之の為に聲援す。洸の部將の趙玄 洸に說きて曰く、「今 寇 逼りて已に深く、百姓 駭懼し、眾寡 勢 殊なり、以て敵に應じ難し。宜しく諸戍の兵士を攝り、金墉を固守し、以て京師の援を待つべし、出戰す可からず。如脫(も)し捷たざれば、大事 去らん。金墉 既に固ければ、師 損敗すること無く、吳寇 終に敢て金墉を越えて西せず。之を堅城の下に困らしめば、以て坐して其の弊を制す可し」と。
時に洸の司馬の姚禹 潛かに道濟に通じ、主簿の閻恢・楊虔ら皆 禹の黨なれば、玄の忠誠に嫉し、咸 共に之を毀ち、固く洸に出戰を勸む。洸 之に從ひ、乃ち玄を遣はして精兵千餘を率ゐて南のかた柏谷塢を守り、廣武の石無諱 東のかた鞏城を戍り、以て王師を距ぐ。玄 泣きて洸に謂ゐて曰く、「玄 三帝の重恩を受け、守る所 正に死のみ。但だ明公 忠臣の言を用ひず、姦孼の為に誤せられ、後に必ず之を悔ゆるとも、但だ及ぶこと無きのみ」と。會 陽城及び成皋・滎陽・武牢の諸城 悉く降り、道濟ら長驅して至る。無諱 石關に至り、奔りて還る。玄 晉將の毛德祖と柏谷に戰ひ、眾寡を以て敗れ、瘡を被ること十餘、地に據りて大呼す。玄の司馬の騫鑒 刃を冒し玄を抱きて泣き、玄曰く、「吾が瘡 已に重し、君 宜しく速やかに去るべし」と。鑒曰く、「若し將軍 濟はざれば、當に與に俱に死すべし、去るとも將た安にか之(ゆ)かん」と。皆 陣に死す。姚禹 城を踰えて王師に奔る。道濟 進みて洛陽に至り、洸 懼れ、遂に降る。時に閻生 新安に至り、益男 湖城に至り、會 洛陽 已に沒し、遂に屯に留まりて進まず。
姚懿 嶮薄にして、信受に惑ひ、其の司馬の孫暢 姦巧傾佞にして、亂を好み禍を樂しみ、懿に長安を襲ひ、姚紹を誅し、泓を廢して自立することを勸む。懿 之を納れ、乃ち兵を引て陝津に至り、穀を散じて以て河北の夷夏に賜ひ、國儲を虛損し、和戎諸羌を招引して、己に私惠を樹てんと欲す。懿の左常侍の張敞・侍郎の左雅 固く懿に諫めて曰く、「殿下 母弟の親を以て、分陝の重に居り、安危休戚、國と與に之を共にす。漢に七國の難有り、實に梁王を賴る。今 吳寇 內侵し、四州 傾沒し、西虜 擾邊し、秦涼 覆敗し、朝廷の危 累卵と同じきに有り、正に是れ諸侯 勤王するの日なり。穀は、國の本なり、而るに今 之を散ず。若し朝廷 殿下を問ふ者あらば、何の辭を將て以て報へん」と。懿 怒り、笞うちて之を殺す。
泓 之を聞き、姚紹らを召して密かに朝堂に謀る。紹曰く、「懿の性識 鄙近なり、物に從ひて推移し、此の事を造成するは、惟れ當に孫暢のみ。但だ使を馳せ暢を徵し、撫軍の讚を遣はして陝城に據らしめ、臣 潼關に向ひて諸軍の節度と為らん。若し暢 詔を奉じて至らば、臣 當に懿を遣はして河東の見兵を率ゐて共に吳寇を平らげん。如し其の逆釁 已に成り、詔敕に違距せば、當に其の罪を天下に明らかにし、聲鼓して以て之を擊つべし」と。泓曰く、「叔父の言、社稷の計なり」と。是に於て姚讚及び冠軍の司馬國璠・建義の蛇玄を遣はして陝津に屯し、武衞の姚驢を潼關に屯せしむ。
懿 遂に舉兵して僭號し、檄を州郡に傳へ、匈奴の堡の穀を運びて以て鎮人に給せんと欲す。寧東の姚成都 之を距ぎ、懿乃ち辭を卑くして招誘し、深く自ら結託し、佩刀を送りて誓と為し、成都 送りて以て泓に呈す。懿 又 驍騎の王國を遣はして甲士數百を率ゐて成都を攻め、成都 國を擒へ、之と囚とし、遣りて懿を讓して曰く、「明公 母弟の親を以て、推轂の寄を受け、今 社稷の危 綴旒の若く然とし、宜しく恭恪して憂勤し、王室を匡輔すべし。而れども更めて奸宄を包藏し、宗廟を危ふくせんと謀り、三祖の靈 豈に公を安ぜんや。此れ鎮の糧なり、一方の寄る所なり。鎮人 何の功ありて、之を給せんと欲す。王國 蛇の為に足を畫き、國の罪人なり、已に囚執に就き、詔を聽きて之を戮す。成都 方に義眾を糾合し、以て明公の罪を懲し、復た大兵の悉集するを須ち、當に明公と河上に會すべし」と。乃ち宣く諸城に告げ、勉むるに忠義を以てし、兵を厲し馬に秣し、義租を徵發す。河東の兵 懿に詣る者無く、懿 深く之を患ふ。臨晉の數千戶 叛して懿に應ず。姚紹 蒲津より濟り、臨晉の叛戶を擊ち、大いに之を破り、懿ら震懼す。鎮人たる安定の郭純・王奴ら眾を率ゐて懿を圍む。紹 蒲坂に入り、懿を執へて之を囚とし、孫暢らを誅す。

現代語訳

東晋軍が成皋に至り、征南将軍の姚洸はこのとき洛陽に出鎮しており、使者を馳せて(姚泓に)救援を求めた。姚泓は越騎校尉の閻生に三千騎を率いて行かせ、武衛将軍の姚益男は歩兵一万を率いて洛陽の防衛を助け、さらに征東将軍・并州牧の姚懿を遣わして南のかた陝津に駐屯して声援(遠くからの牽制)とした。姚洸の部将である趙玄は姚洸に、「いま寇賊が深入りし、百姓は驚き懼れ、兵力に差があり、敵に対抗できません。各地を守る兵を集約し、金墉を固守し、長安からの救援を待つべきです、出撃は悪手です。もし敗れれば、後秦の国家が頓挫します。金墉は強固なので、自軍は損耗しませんし、呉寇(東晋の劉裕)は金墉を通過して西進することはありません。敵軍を堅城のもとで疲弊させれば、制圧できます」と説いた。
このとき姚洸の司馬である姚禹はひそかに(東晋の)檀道済に内通し、主簿の閻恢・楊虔らは姚禹の一派であり、趙玄の忠誠をねたみ、彼を批判し、姚洸に出撃を勧めた。姚洸はこれに従い、趙玄に精兵千餘を率いて南のかた柏谷塢を守らせ、広武の石無諱は東のかた鞏城を守り、東晋軍を防いだ。趙玄は泣いて姚洸に、「私は三帝から重恩を受け、命を捧げています。しかし明公は忠臣の言を用いず、邪悪な者に判断を誤らされました、後悔しても、取り返しが付きません」と言った。ちょうど陽城及び成皋・栄陽・武牢の諸城がすべて投降し、道済らが長駆して到着した。石無諱は石関に至り、逃げ返った。趙玄は晋将の毛徳祖と柏谷で戦い、兵力差により敗れ、十箇所以上の傷を受け、地に倒れて叫んだ。趙玄の司馬の騫鑒(蹇鑒)は白刃をくぐって趙玄を抱いて泣き、趙玄は、「私の傷はひどい、きみは早く逃げろ」と言った。騫鑒は、「もし将軍を救えぬなら、私も一緒に死にます、もう引き返せません」と言った。みな戦場で死んだ。姚禹は城壁をこえて東晋軍に逃げ込んだ。道済は進んで洛陽に至り、姚洸は懼れ、ついに降服した。このとき閻生が新安に至り、益男が湖城に至り、折りしも洛陽が陥落したので、屯所に留まって進まなかった。
姚懿は陰険で酷薄であり、側近に惑わされがちで、彼の司馬の孫暢は巧みに取り入って道を誤らせ、禍乱を好むので、姚懿に長安を襲って、姚紹を誅し、姚泓を廃位して自立することを勧めた。姚懿は聞き入れ、兵を連れて陝津に至り、穀物をばら撒いて河北の胡漢に与え、国庫を空っぽにし、異民族を誘い込み、私的な恩義を売ろうとした。姚懿の左常侍の張敞・侍郎の左雅は姚懿を強く諫め、「殿下は同母弟として、(召公奭と同等の)重任を与えられ、安定も滅亡も、国家とともにあります。前漢に七国の難があったとき、梁王(劉武)に救われました。いま呉寇(東晋軍)が国内に侵攻し、四州が失陥し、西虜(勃勃)が国境を騒がせ、秦涼が転覆し、朝廷は累卵のように危うく、まさに諸侯が王者(姚洸)のために働く日です。穀物は国家の元手ですが、ばら撒いてしまいました。もし朝廷から殿下に問う使者が来たら、どう答えるのですか」と言った。姚懿は怒り、笞で打ち殺した。
姚洸はこれを聞き、姚紹らを召して密かに朝堂で相談した。姚紹は、「姚懿の見識はお粗末であり、周囲に振り回されるだけ、今回のことは、ただ孫暢のしわざ。使者を送って孫暢だけを徴し、撫軍将軍の姚讚を遣わして陝城に拠らせ、私が潼関に向かって諸軍の節度となります。もし孫暢が詔に従ってやって来れば、(姚懿を赦して)姚懿に河東の見兵を率いさせて私が一緒に呉寇を平定します。もし反逆計画が完成し、詔勅に違反すれば、彼の罪を天下に示し、公然と討伐すればよい」と言った。姚洸は、「叔父の言は、社稷の計です」と言った。そこで姚讚及び冠軍将軍の司馬国璠・建義将軍の蛇玄を遣わして陝津に駐屯し、武衛将軍の姚驢を潼関に駐屯させた。
とうとう姚懿が挙兵して僭号し、檄を州郡に伝え、匈奴のとりでの穀物を運び出して鎮人に支給しようとした。寧東将軍の姚成都がこれを妨げると、姚懿はへりくだって、味方に引き入れようと、佩刀を送って誓いを立てたが、姚成都は(姚懿に味方する意思がないので)この刀を姚洸に提出した。姚懿は驍騎将軍の王国に武装した兵数百を率いて姚成都を攻めさせたが、姚成都は王国を捕らえ、囚人とし、使者を送って姚懿を咎めて、「明公は(姚洸と)同母弟なので、特別に推薦を受けたが、いま社稷の危機は旗飾りのようであり(君主が蔑ろにされ)、慎んで国家のために働き、王室を補佐すべきである。しかし反対に邪悪な野心を懐き、宗廟を脅かしている、三祖の霊があなたを祝福するものか。今回あなたが運び出したのは備蓄食料であり、とりでの維持に必要である。鎮人に何の功績があって、支給しようというのか。王国は蛇に足を書き加えた、国家の罪人であり、囚人として捕らえ、詔の許可により死刑とする。私は義兵を集め、明公の罪を懲らしめ、また大兵が集合するのを待ち、明公とは河上で落ちあおう」と言った。広く諸城に告げ、忠義に務めよと言い、兵を励まし馬に秣を食わせ、義租(自発的な租税)を徴発した。河東の兵は姚懿に味方する者がおらず、姚懿はひどく心配した。臨晋の数千戸が(後秦に)叛して姚懿に呼応した。姚紹は蒲津から渡り、臨晋の叛いた人々を攻撃し、大いに破ったので、姚懿らは震え懼れた。鎮人である安定の郭純・王奴らが姚懿を包囲した。姚紹が蒲坂に入り、姚懿を執えて囚人とし、孫暢らを誅した。

原文

泓以內外離叛、王師漸逼、歲旦朝羣臣于其前殿、悽然流涕、羣臣皆泣。時征北姚恢率安定鎮戶三萬八千、焚燒室宇、以車為方陣、自北雍州趣長安、自稱大都督・建義大將軍、移檄州郡、欲除君側之惡。揚威姜紀率眾奔之。建節彭完都聞恢將至、棄陰密、奔還長安。恢至新支、姜紀說恢曰、「國家重將在東、京師空虛、公可輕兵徑襲、事必克矣。」恢不從、乃南攻郿城。鎮西姚諶為恢所敗、恢軍勢彌盛、長安大震。泓馳使徵紹、遣姚裕及輔國胡翼度屯于灃西。扶風太守姚雋・安夷護軍姚墨蠡・建威姚娥都・揚威彭蚝皆懼而降恢。
恢舅苟和時為立節將軍、守忠不貳、泓召而謂之曰、「眾人咸懷去就、卿何能自安邪。」和曰、「若天縱妖賊、得肆其逆節者、舅甥之理、不待奔馳而加親。如其罪極逆銷、天盈其罰者、守忠執志、臣之體也。違親叛君、臣之所恥。」泓善其忠恕、加金章紫綬。
姚紹率輕騎先赴難、使姚洽・司馬國璠將步卒三萬赴長安。恢從曲牢進屯杜成、紹與恢相持于靈臺。姚讚聞恢漸逼、留寧朔尹雅為弘農太守、守潼關、率諸軍還長安。泓謝讚曰、「元子不能崇明德義、導率羣下、致禍起蕭牆、變自同氣、既上負祖宗、亦無顏見諸父。懿始構逆滅亡、恢復擁眾內叛、將若之何。」讚曰、「懿等所以敢稱兵內侮者、諒由臣等輕弱、無防遏之方故也。」因攘袂大泣曰、「臣與大將軍不滅此賊、終不持面復見陛下。」泓於是班賜軍士而遣之。恢眾見諸軍悉集、咸懼而思善、其將齊黃等棄恢而降。恢進軍逼紹、讚自後要擊、大破之、殺恢及其三弟。泓哭之悲慟、葬以公禮。

訓読

泓 內外 離叛し、王師 漸逼するを以て、歲旦 羣臣に其の前殿に朝し、悽然と流涕し、羣臣 皆 泣く。時に征北の姚恢 安定の鎮戶三萬八千を率ゐ、室宇を焚燒し、車を以て方陣を為り、北雍州より長安に趣き、自ら大都督・建義大將軍を稱し、檄を州郡に移し、君側の惡を除かんと欲す。揚威の姜紀 眾を率ゐて之に奔る。建節の彭完都 恢 將に至らんとするを聞き、陰密を棄て、奔りて長安に還る。恢 新支に至り、姜紀 恢に說きて曰く、「國家の重將 東に在り、京師 空虛たり、公 輕兵もて徑に襲ふ可し、事 必ず克たん」と。恢 從はず、乃ち南のかた郿城を攻む。鎮西の姚諶 恢の為に敗られ、恢の軍勢 彌々盛なり、長安 大いに震ふ。泓 使を馳せて紹を徵し、姚裕及び輔國の胡翼度を遣はして灃西に屯せしむ。扶風太守の姚雋・安夷護軍の姚墨蠡・建威の姚娥都・揚威の彭蚝 皆 懼れて恢に降る。
恢が舅たる苟和 時に立節將軍と為り、忠を守りて貳あらず、泓 召して之に謂ひて曰く、「眾人 咸 去就を懷ひ、卿 何ぞ能く自安するや」と。和曰く、「若し天 妖賊を縱にし、得て其の逆節を肆にす、舅甥の理、奔馳して親を加ふるを待たず。如し其の罪を極むれば逆銷し、天 其の罰を盈たし、忠を守り志を執るは、臣の體なり。親に違ひて君に叛するは、臣の恥づる所なり」と。泓 其の忠恕を善とし、金章紫綬を加ふ。
姚紹 輕騎を率ゐて先に難に赴き、姚洽・司馬國璠をして步卒三萬を將ゐて長安に赴かしむ。恢 曲牢より進みて杜成に屯し、紹 恢と與に靈臺に相 持す。姚讚 恢の漸く逼るを聞き、寧朔の尹雅を留めて弘農太守と為し、潼關を守り、諸軍を率ゐて長安に還らしむ。泓 讚に謝して曰く、「元子 德義を崇明し、羣下を導率すること能はず、禍ひ蕭牆に起り、變 同氣に自するに致り、既に上は祖宗に負き、亦た諸父に見るに顏無し。懿 始め逆を構へて滅亡し、恢 復た眾を擁して內叛す、將た之を若何せん」と。讚曰く、「懿ら敢て兵を稱し內侮する所以は、諒に臣らの輕弱にして、防遏の方無きに由るが故なり」と。因りて攘袂し大いに泣きて曰く、「臣 大將軍と與に此の賊を滅せざれば、終に面を持して復た陛下に見えず」と。泓 是に於て軍士に班賜して之を遣る。恢が眾 諸軍の悉く集ふを見て、咸 懼れて善を思ひ、其の將たる齊黃ら恢を棄てて降る。恢 進軍して紹に逼り、讚 後より要擊し、大いに之を破り、恢及び其の三弟を殺す。泓 之に哭して悲慟し、葬るに公禮を以てす。

現代語訳

姚洸は内外が離叛し、東晋軍が漸進することを受け、元旦に郡臣と前殿で朝見したとき、悲しみに沈んで流涕し、郡臣も皆で泣いた。このとき征北将軍の姚恢は安定の鎮戸三万八千を率い、屋敷を焼き払い、馬車を方陣に組み、北雍州から長安に向かい、大都督・建義大将軍を自称し、檄を州郡に回付し、君側の悪を除くと唱えた。揚威将軍の姜紀は兵を率いて彼のもとに奔った。建節将軍の彭完都は姚恢の接近を聞き、陰密を棄て、長安に逃げ返った。姚恢が新支に至り、姜紀は姚恢に、「国家の主要な将軍が東におり、京師は手薄です、あなたは軽兵で急襲しなさい、きっと勝利できます」と説いた。姚恢は従わず、南下して郿城を攻めた。鎮西将軍の姚諶は姚恢に敗れ、姚恢の軍勢はますます盛んとなり、長安は大いに震えた。姚泓は使者を馳せて姚紹を徴し、姚裕及び輔国将軍の胡翼度を灃西に駐屯させた。扶風太守の姚雋・安夷護軍の姚墨蠡・建威将軍の姚娥都・揚威将軍の彭蚝はいずれも懼れて姚恢に投降した。
姚恢の舅である苟和はこのとき立節将軍となり、忠を守って二心がなかったので、姚洸は彼を徴して、「全員がどちらに味方しようか迷っているが、卿はどうして迷わぬのか」と言った。苟和は、「もし天が妖賊を放任し、逆節を思いのままに実現させても、舅と甥(私たち)の論理では、奔走して血縁者を特別に(味方を)しません。もし罪が極刑に値するなら予め消滅させ、天に刑罰を執行させ、忠を守り志を選ぶのが、臣下の本来の姿です。この論理に叛いて君主に反逆するのは、私が恥じることです」と言った。姚洸はその忠恕を評価し、金章紫綬を加えた。
姚紹は軽騎を率いて真っ先に困難に駆けつけ、姚洽・司馬国璠に歩兵三万を率いて長安に向かわせた。姚恢は曲牢から進んで杜成に駐屯し、姚紹は姚恢と霊台で対峙した。姚讚は姚恢の接近を聞き、寧朔将軍の尹雅を留めて弘農太守とし、潼関を守り、諸軍を率いて長安に還らせた。姚泓は姚讚に謝って、「元子(私)が徳義を高めて明らかにし、群下を善導できなかったので、禍いが家庭内から起こり、事変が血縁者から生じ、上は祖先の霊に背き、亡父らに顔向けできぬ。かつて姚懿が反逆を企んで滅亡し、今は姚恢がまた軍勢を率いて謀反した、どうしたものか」と言った。姚讚は、「姚懿らが敢えて兵を集め内紛を起こした理由は、明らかに私たちが頼りなく、制御が利かなかったからです」と言った。袂をはだけて大泣きし、「大将軍とともに賊(姚恢)を滅ぼせねば、もう陛下にお目見えできません」と言った。姚洸は軍士に財物を配って送り出した。姚恢の兵は諸軍が勢揃いするのを見て、みな懼れて心を入れ替え、彼の将である斉黄は姚恢を棄てて投降した。姚恢は進軍して姚紹に接近すると、姚讚が後ろから挟み撃ちにし、大いに破り、姚恢及び三人の弟を殺した。姚泓は彼のために慟哭し、公礼で葬った。

原文

至是、王鎮惡至宜陽。毛德祖攻弘農太守尹雅于1.(蠡吾)〔蠡〕城、眾潰、德祖使騎追獲之、既而殺晉守者奔固潼關。
檀道濟・沈林子攻拔襄邑堡、建威薛帛奔河東。道濟自陝北渡、攻蒲坂、使將軍苟卓攻匈奴堡、為泓寧東姚成都所敗。泓遣姚驢救蒲坂、胡翼度據潼關。泓進紹太宰・大將軍・大都督・都督中外諸軍事・假黃鉞、改封魯公、侍中・司隸・宗正・節錄並如故、朝之大政皆往決焉。紹固辭、弗許。於是遣紹率武衞姚鸞等步騎五萬、距王師于潼關。姚驢與并州刺史尹昭為表裏之勢、夾攻道濟。道濟深壁不戰、沈林子說道濟曰、「今蒲坂城堅池濬、非可卒克、攻之傷眾、守之引日、不如棄之、先事潼關。潼關2.(天限)〔天岨〕、形勝之地、鎮惡孤軍、勢危力寡、若使姚紹據之、則難圖矣。如克潼關、紹可不戰而服。」道濟從之、乃棄蒲坂、南向潼關。姚讚率禁兵七千、自渭北而東、進據蒲津。劉裕使沈田子及傅弘之率眾萬餘人入上洛、所在多委城鎮奔長安。田子等進及青泥、姚紹方陣而前、以距道濟。道濟固壘不戰、紹乃攻其西營、不克、遂以大眾逼之。道濟率王敬・沈林子等逆衝紹軍、將士驚散、引還定城。紹留姚鸞守險、絕道濟糧道。
時裕別將姚珍入自子午、竇霸入自洛谷、眾各數千人。泓遣姚萬距霸、姚彊距珍。姚鸞遣將尹雅與道濟司馬徐琰戰于潼關南、為琰所獲、送之劉裕。裕以雅前叛、欲殺之。雅曰、「前活本在望外、今死寧不甘心。明公將以大義平天下、豈可使秦無守信之臣乎。」裕嘉而免之。
泓遣給事黃門侍郎姚和都屯于堯柳、以備田子。姚紹謂諸將曰、「道濟等遠來送死、眾旅不多、嬰壘自固者、正欲曠日持久、以待繼援耳。吾欲分軍逕據閿鄉、以絕其糧運、不至一月、道濟之首可懸之麾下矣。濟等既沒、裕計自沮。」諸將咸以為然。其將胡翼度曰、「軍勢宜集不可以分、若偏師不利、人心駭懼、胡可以戰。」紹乃止。薛帛據河曲以叛。紹分道置諸軍為掎角之勢、遣輔國胡翼度據東原、武衞姚鸞營於大路、與晉軍相接。沈林子簡精銳銜枚夜襲之、鸞眾潰戰死、士卒死者九千餘人。
姚讚屯于河上、遣恢武姚難運蒲坂穀以給其軍、至香城、為王師所敗。時泓遣姚諶守堯柳、姚和都討薛帛於河東、聞王師要難、乃兼道赴救、未至而難敗、因破裕裨將于河曲、遂屯蒲坂。姚讚為林子所敗、單馬奔定城。紹遣左長史姚洽及姚墨蠡等率騎三千屯于河北之九原、欲絕道濟諸縣租輸。洽辭曰、「夫小敵之堅、大敵之擒。今兵眾單弱、而遠在河外、雖明公神武、然鞭短勢殊、恐無所及。」紹不聽。沈林子率眾八千、要洽于河上、洽戰死、眾皆沒。紹聞洽等敗、忿恚發病、託姚讚以後事、使姚難屯關西、紹嘔血而死。泓以晉師之逼、遣使乞師于魏。魏遣司徒・南平公3.〔拔〕拔嵩、正直將軍・安平公乙旃眷、進據河內、游擊將軍王洛生屯于河東、為泓聲援。

1.中華書局本に従い、「蠡吾」を「蠡」に改める。
2.中華書局本に従い、「天限」を「天岨」に改める。
3.中華書局本に従い、「拔」一字を補う。

訓読

是に至り、王鎮惡 宜陽に至る。毛德祖 弘農太守の尹雅を蠡城に攻め、眾 潰え、德祖 騎をして追はしめて之を獲て、既にして晉の守る者を殺して奔りて潼關を固む。
檀道濟・沈林子 攻めて襄邑堡を拔き、建威の薛帛 河東に奔る。道濟 陝より北渡し、蒲坂を攻め、將軍の苟卓をして匈奴堡を攻めしめ、泓の寧東の姚成都の為に敗らる。泓 姚驢を遣はして蒲坂を救ひ、胡翼度をして潼關に據らしむ。泓 紹を太宰・大將軍・大都督・都督中外諸軍事・假黃鉞に進め、魯公に改封し、侍中・司隸・宗正・節錄 並びに故の如く、朝の大政 皆 往きて焉に決す。紹 固辭し、許さず。是に於て紹を遣はして武衞の姚鸞ら步騎五萬を率ゐ、王師を潼關に距ぐ。姚驢 并州刺史の尹昭と與に表裏の勢と為り、道濟を夾攻す。道濟 壁を深くして戰はず、沈林子 道濟に說きて曰く、「今 蒲坂 城は堅く池は濬なり、卒かに克つ可きに非ず、之を攻むれば眾を傷つけ、之を守れば日を引き、之を棄て、先に潼關に事にするに如かず。潼關は天岨にして、形勝の地なり、鎮惡 孤軍なれば、勢は危ふく力は寡し、若し姚紹をして之に據らしめば、則ち圖り難し。如し潼關に克てば、紹 戰はずして服する可し」と。道濟 之に從ひ、乃ち蒲坂を棄て、南のかた潼關に向ふ。姚讚 禁兵七千を率ゐ、渭北より東し、進みて蒲津に據る。劉裕 沈田子及び傅弘之をして眾萬餘人を率ゐて上洛に入らしめ、所在 多く城鎮を委てて長安に奔る。田子ら進みて青泥に及び、姚紹 方陣にして前み、以て道濟を距ぐ。道濟 壘を固くして戰はず、紹 乃ち其の西營を攻め、克たず、遂に大眾を以て之に逼る。道濟 王敬・沈林子らを率ゐて紹の軍を逆衝し、將士 驚き散じ、引きて定城に還る。紹 姚鸞を留めて險を守り、道濟の糧道を絕たしむ。
時に裕の別將 姚珍 子午より入り、竇霸 洛谷より入り、眾 各々數千人なり。泓 姚萬を遣はして霸を距み、姚彊をして珍を距ましむ。姚鸞 將の尹雅を遣はして道濟の司馬たる徐琰と與に潼關の南に戰ひ、琰の為に獲はれ、之を劉裕に送る。裕 雅の前に叛するを以て、之を殺さんと欲す。雅曰く、「前の活くるは本は望外に在り、今 死するとも寧ろ心に甘んぜず。明公 將に大義を以て天下を平げんとす、豈に秦をして守信の臣を無からしむ可きか」と。裕 嘉して之を免ず。
泓 給事黃門侍郎の姚和都を遣はして堯柳に屯し、以て田子に備へしむ。姚紹 諸將に謂ひて曰く、「道濟ら遠く來て死を送り、眾旅 多からず、嬰壘 自ら固きは、正に日を曠しくし持久せんと欲し、以て繼援を待つのみ。吾 軍を分けて逕ちに閿鄉に據り、以て其の糧運を絕たんと欲す、一月に至らず、道濟の首 之を麾下に懸くる可し。濟ら既に沒し、裕の計 自ら沮まん」と。諸將 咸 以て然りと為す。其の將たる胡翼度 曰く、「軍勢 宜しく集ひて以て分くる可からず、若し偏師 利あらざれば、人心 駭懼し、胡ぞ以て戰ふ可けんや」と。紹 乃ち止む。薛帛 河曲に據りて以て叛す。紹 道を分けて諸軍を置きて掎角の勢を為し、輔國の胡翼度を遣はして東原に據り、武衞の姚鸞を大路に營し、晉軍と相 接す。沈林子 精銳を簡び枚を銜みて之を夜襲し、鸞の眾 潰えて戰死し、士卒の死する者九千餘人なり。
姚讚 河上に屯し、恢武の姚難を遣はして蒲坂の穀を運びて以て其の軍に給し、香城に至り、王師の為に敗らる。時に泓 姚諶を遣はして堯柳を守らしめ、姚和都 薛帛を河東に討ち、王師 難を要すと聞き、乃ち兼道し救に赴き、未だ至らずして難 敗れ、因りて裕の裨將を河曲に破り、遂に蒲坂に屯す。姚讚 林子の為に敗られ、單馬にて定城に奔る。紹 左長史の姚洽及び姚墨蠡らを遣はして騎三千を率ゐて河北の九原に屯し、道濟の諸縣の租輸を絕たんと欲す。洽 辭して曰く、「夫れ小敵の堅は、大敵の擒なり。今 兵眾 單弱にして、而れども遠く河外に在り、明公の神武と雖も、然れども鞭は短く勢は殊なり、及ぶ所無きを恐る」と。紹 聽さず。沈林子 眾八千を率ゐ、洽を河上に要し、洽 戰死し、眾 皆 沒す。紹 洽らの敗るるを聞きて、忿恚して發病し、姚讚に託するに後事を以てす、姚難をして關西に屯せしめ、紹 嘔血して死す。泓 晉師の逼るを以て、使を遣はして師を魏に乞ふ。魏 司徒・南平公の拔拔嵩、正直將軍・安平公の乙旃眷を遣はして、進みて河內に據り、游擊將軍の王洛生 河東に屯し、泓の聲援と為す。

現代語訳

ここに至り、王鎮悪は宜陽に至った。毛徳祖は弘農太守の尹雅を蠡城で攻撃し、軍勢は潰走し、毛徳祖は騎兵に追わせて捕らえ、晋の守将を殺して奔って潼関を固めた。
檀道済・沈林子は攻めて襄邑堡を抜き、建威将軍の薛帛は河東に奔った。道済は陝から北に渡り、蒲坂を攻め、将軍の苟卓に匈奴堡を攻撃させたが、姚泓の寧東将軍の姚成都に敗れた。姚泓は姚驢に蒲坂を救わせ、胡翼度に潼関に拠らせた。姚洸は姚紹を太宰・大将軍・大都督・都督中外諸軍事・仮黄鉞に進め、魯公に改封し、侍中・司隸・宗正・節録は従来通りとし、朝政の大きな事案はすべて彼に決裁させようとした。姚紹は固辞し、受けなかった。姚紹を派遣して武衛将軍の姚鸞ら歩騎五万を率い、東晋の軍を潼関で防がせた。姚驢は并州刺史の尹昭とともに表裏の勢となり、檀道済を挟撃した。道済は壁を高くして戦わず、沈林子は道済に、「いま蒲坂は城が堅くて堀が深く、すぐに勝てぬ、攻めれば軍勢を損傷し、守れば日数を費やす、ここを諦め、潼関を優先するほうがよい。潼関は天険であり、形勝の地だ、王鎮悪は孤立した軍で、形勢が危うく力は少ない、もし姚紹をここに拠らせれば、攻略が難しくなる。もし潼関さえ突破できれば、姚紹は戦わずに服従するはずだ」と説いた。道済はこれに従い、蒲坂を棄て、南のかた潼関に向かった。姚讚は禁兵七千を率い、渭北から東に進み、蒲津に拠った。劉裕は沈田子及び傅弘之に一万餘人を率いて上洛に入らせ、通過地点で多くが(後秦の)城鎮を捨てて長安に奔った。沈田子らが青泥まで進むと、姚紹は方陣を組んで前進し、檀道済を食い止めた。檀道済は塁を固くして戦わず、姚紹はその西営を攻めたが、勝たず、大軍で肉迫した。道済は王敬・沈林子らを率いて姚紹の軍を逆撃したので、将士は驚いて散り、定城に撤退した。姚紹は姚鸞を留めて要所を守らせ、道済の糧道を断たせた。
ときに劉裕の別将である姚珍が子午から入り、竇霸が洛谷から入り、それぞれ軍勢は数千人であった。姚泓は姚萬に竇霸を防がせ、姚彊に姚珍を防がせた。姚鸞は将の尹雅に道済の司馬である徐琰と潼関の南で戦わせたが、(尹雅は)徐琰に捕らわれ、これを劉裕に送った。劉裕は尹雅が以前に(東晋から後秦に)叛いたことがあったので、彼を殺そうとした。尹雅は、「前に生き延びたのは望外であったが、今は死を受け入れられぬ。明公は大義により天下を平定しようとしている、どうして後秦から守信の臣を消してよいのか」と言った。劉裕はおもしろがって見逃した。
姚泓は給事黄門侍郎の姚和都を派遣して尭柳に駐屯させ、沈田子への備えとした。姚紹は諸将に、「檀道済は遠征して死者を出し、人数は多くない、防塁を固めているのは、日数を稼いで持久戦に持ち込み、援軍を待っているだけだ。わが軍を分けてまっすぐ閿郷に拠り、彼らの補給路を断とう、一ヵ月もかからず、檀道済の首を旗竿に掛けることができる。檀道済が死ねば、劉裕の計画はおのずと頓挫する」と言った。諸将は同意した。将である胡翼度が、「軍勢は集めておくべきで分割してはならない。もし一方面で不利になれば、人心は驚き懼れ、戦いどころではなくなる」と言った。姚紹は(軍の分割を)やめた。薛帛が河曲を拠点として叛した。姚紹は進路を分けて諸軍を配置して掎角の勢をつくり、輔国将軍の胡翼度を東原に拠らせ、武衛将軍の姚鸞に大路へ軍営を作らせ、東晋軍と対峙した。沈林子は精鋭を選んで枚をくわえて夜襲し、姚鸞の軍が潰走して、士卒の九千餘人が死んだ。
姚讚は河上に駐屯し、恢武将軍の姚難に蒲坂の備蓄食料を運んでその軍に補給させたが、香城に至り、東晋軍に敗れた。このとき姚泓は姚諶に尭柳を守らせ、姚和都に薛帛を河東に討たせたが、東晋軍が姚難を襲撃していると聞き、速度を上げて救援に向かったが、到着する前に姚難が敗れ、そこで劉裕の裨将を河曲で破り、蒲坂に駐屯した。姚讚は林子に敗れ、単騎で定城に逃げた。姚紹は左長史の姚洽及び姚墨蠡らに三千騎で河北の九原に駐屯し、道済の諸県からの兵糧補給を断たせようとした。姚洽は辞退し、「少数の兵が堅守すれば、多数の兵に捕らわれる。わが軍は兵が少なく弱く、しかし河外に遠征している、明公の神武であっても、鞭は短く士気が低く、達成は困難ではないですか」と言った。姚紹は許さなかった。沈林子が兵八千を率い、姚洽を河上に襲撃し、姚洽は戦死して、軍隊は壊滅した。姚紹は姚洽らの敗北を聞き、激怒して発病し、姚讚に後事を託した。姚難を関西に駐屯させ、姚紹は喀血して死んだ。姚泓は東晋軍が接近するので、北魏に援軍を頼んだ。北魏は司徒・南平公の拔拔嵩、正直将軍・安平公の乙旃眷を派遣し、進んで河内を拠点とし、游撃将軍の王洛生が河東に駐屯し、姚泓を支援した。

原文

劉裕次于陝城、遣沈林子率精兵萬餘、越山開道、會沈田子等于青泥、將攻堯柳。泓使姚裕率步騎八千距之、泓躬將大眾繼發。裕為田子所敗、泓退次于灞上、關中郡縣多潛通于王師。劉裕至潼關、遣將軍朱超石・徐猗之會薛帛于河北、以攻蒲坂。姚讚距裕于關西、姚難屯于香城。裕遣王鎮惡・王敬自秋社西渡渭、以逼難軍。鎮東姚璞及姚和都擊敗猗之等於蒲坂、猗之遇害、超石棄其眾奔于潼關。姚讚遣司馬休之及司馬國璠自軹關向河內、引魏軍以躡裕後。姚難既為鎮惡所逼、引師而西。時大霖雨、渭水泛溢、讚等不得北渡。鎮惡水陸兼進、追及姚難。泓自灞上還軍、次于石橋以援之。讚退屯鄭城。鎮北姚彊率郡人數千、與姚難陣于涇上、以距鎮惡。鎮惡遣毛德祖擊彊、大敗、彊戰死、難遁還長安。
劉裕進據鄭城。泓使姚裕・尚書龐統屯兵宮中、姚洸屯于灃西、尚書姚白瓜徙四軍雜戶入長安、姚丕守渭橋、胡翼度屯石積、姚讚屯霸東、泓軍于逍遙園。鎮惡夾渭進兵、破姚丕于渭橋。泓自逍遙園赴之、逼水地狹、因丕之敗、遂相踐而退。姚諶及前軍姚烈・左衞姚寶安・散騎王帛・建武姚進・揚威姚蚝・尚書右丞孫玄等皆死於陣、泓單馬還宮。鎮惡入自平朔門、泓與姚裕等數百騎出奔于石橋。讚聞泓之敗也、召將士告之、眾皆以刀擊地、攘袂大泣。胡翼度先與劉裕陰通、是日棄眾奔裕。讚夜率諸軍、將會泓于石橋、王師已固諸門、讚軍不得入、眾皆驚散。
泓計無所出、謀欲降于裕。其子佛念、年十一、謂泓曰、「晉人將逞其欲、終必不全、願自裁決。」泓憮然不答。佛念遂登宮牆自投而死。泓將妻子詣壘門而降。讚率宗室子弟百餘人亦降于裕、裕盡殺之、餘宗遷于江南。送泓于建康市斬之、時年三十、在位二年。建康百里之內、草木皆燋死焉。姚萇以孝武太元九年僭立、至泓三世、以安帝義熙十三年而滅、1.凡三十二年

1.「凡三十二年」は、姚萇が秦王になったときから起算すると、「凡三十四年」に作るのが正しい。あるいは、姚萇が皇帝になったときから起算し、三十二年とされた可能性もあるという。

訓読

劉裕 陝城に次り、沈林子を遣はして精兵萬餘を率ゐ、山を越え道を開き、沈田子らと青泥に會し、將に堯柳を攻めんとす。泓 姚裕をして步騎八千を率ゐて之を距ましめ、泓 躬ら大眾を將ゐて繼發す。裕 田子の為に敗られ、泓 退きて灞上に次り、關中の郡縣 多く潛かに王師に通ず。劉裕 潼關に至り、將軍の朱超石・徐猗之を遣はして薛帛に河北に會し、以て蒲坂を攻めしむ。姚讚 裕を關西に距ぎ、姚難 香城に屯す。裕 王鎮惡・王敬を遣はして秋社より西のかた渭を渡り、以て難の軍に逼らしむ。鎮東の姚璞及び姚和都 擊ちて猗之らを蒲坂に敗り、猗之 害に遇ひ、超石 其の眾を棄てて潼關に奔る。姚讚 司馬の休之及び司馬國璠を遣はして軹關より河內に向かひ、魏軍を引きて以て裕の後を躡ましむ。姚難 既に鎮惡の為に逼られ、師を引きて西す。時に大いに霖雨あり、渭水 泛溢し、讚ら北渡するを得ず。鎮惡 水陸に兼進し、追ひて姚難に及ぶ。泓 灞上より軍を還し、石橋に次りて以て之を援く。讚 退きて鄭城に屯す。鎮北の姚彊 郡人數千を率ゐ、姚難と與に涇上に陣し、以て鎮惡を距ぐ。鎮惡 毛德祖を遣りて彊を擊ち、大いに敗り、彊 戰死し、難 遁れて長安に還る。
劉裕 進みて鄭城に據る。泓 姚裕・尚書の龐統をして兵を宮中に屯せしめ、姚洸 灃西に屯し、尚書の姚白瓜 四軍雜戶を徙して長安に入る、姚丕 渭橋を守り、胡翼度 石積に屯し、姚讚 霸東に屯し、泓 逍遙園に軍す。鎮惡 渭を夾みて兵を進め、姚丕を渭橋に破る。泓 逍遙園より之に赴き、水に逼りて地は狹く、丕の敗るるに因り、遂に相 踐みて退く。姚諶及び前軍の姚烈・左衞の姚寶安・散騎の王帛・建武の姚進・揚威の姚蚝・尚書右丞の孫玄ら皆 陣に死し、泓 單馬にて宮に還る。鎮惡 平朔門より入り、泓 姚裕ら數百騎と與に石橋に出奔す。讚 泓の敗るるを聞くや、將士を召して之に告げ、眾 皆 刀を以て地に擊ち、袂を攘して大泣す。胡翼度 先に劉裕と陰かに通じ、是の日 眾を棄てて裕に奔る。讚 夜に諸軍を率ゐ、將に泓に石橋に會せんとするに、王師 已に諸門を固め、讚の軍 入ることを得ず、眾 皆 驚き散ず。
泓の計 出づる所無く、謀りて裕に降らんと欲す。其の子の佛念、年十一、泓に謂ひて曰く、「晉人 將に其の欲を逞くせんとし、終に必ず全からず、願はくは自ら裁決せん」と。泓 憮然として答へず。佛念 遂に宮牆に登りて自ら投じて死す。泓 妻子を將ゐて壘門に詣りて降る。讚 宗室の子弟百餘人を率ゐて亦た裕に降り、裕 盡く之を殺し、餘宗 江南に遷す。泓を建康の市に送りて之を斬り、時に年三十、在位二年なり。建康の百里の內、草木 皆 燋死せり。姚萇 孝武太元九年を以て僭立し、泓に至るまで三世、安帝の義熙十三年を以て滅す、凡そ三十二年なり。

現代語訳

劉裕は陝城に停泊し、沈林子に精兵万餘を率い、山を越え道を開かせ、沈田子らと青泥で遭遇し、尭柳を攻めようとした。姚泓は姚裕に歩騎八千でこれを防がせ、姚泓は自ら大軍を率いて後詰めとなった。劉裕が沈田子に敗れると、姚泓は退いて灞上に停泊し、関中の郡県は多くが東晋軍に通じた。劉裕が潼関に至り、将軍の朱超石・徐猗之を派遣して薛帛と河北で合流し、蒲坂を攻撃させた。姚讚は劉裕を関西で食い止め、姚難は香城に駐屯した。劉裕は王鎮悪・王敬に秋社から西のかた渭水を渡らせ、姚難の軍に迫った。鎮東将軍の姚璞及び姚和都が攻撃して猗之らを蒲坂で破り、猗之は殺害され、超石は軍勢を捨てて潼関に奔った。姚讚は司馬の休之及び司馬国璠に軹関から河内に向かわせ、北魏軍を招いて劉裕の後方を脅かした。姚難は王鎮悪に迫られると、軍を退いて西に行った。このとき大いに長雨が降り、渭水が溢れ、姚讚は北に渡れなかった。王鎮悪は水陸を並進し、姚難に追い付いた。姚泓は灞上から軍を還し、石橋に停泊してこれを救援した。姚讚は退いて鄭城に駐屯した。鎮北将軍の姚彊は郡人数千を率い、姚難とともに涇上に布陣し、王鎮悪を食い止めた。王鎮悪は毛徳祖を送って姚彊を攻撃し、大いに破り、姚彊は戦死し、姚難は逃れて長安に還った。
劉裕が進んで鄭城に拠った。姚泓は姚裕・尚書の龐統に宮中に兵を駐屯させ、姚洸は灃西に駐屯し、尚書の姚白瓜は四軍雑戸を移して長安に入り、姚丕は渭橋を守り、胡翼度は石積に、姚讚は霸東に駐屯し、姚泓は逍遙園に進軍した。王鎮悪は渭水を挟んで兵を進め、姚丕を渭橋で破った。姚洸は逍遙園からそこに向かったが、川に挟まれて地形が狭く、姚丕が敗北しているので、互いに踏みあって退いた。姚諶及び前軍将軍の姚烈・左衛将軍の姚宝安・散騎将軍の王帛・建武将軍の姚進・揚威将軍の姚蚝・尚書右丞の孫玄らは全員が戦場で死に、姚洸は単騎で宮殿に還った。鎮悪が平朔門から入り、姚泓は姚裕ら数百騎とともに石橋に出奔した。姚讚は姚洸が敗れたと聞き、将士を召して告げ、彼らは刀を地面に叩き付け、袖をめくって大泣きした。胡翼度は先に劉裕と陰かに通じており、この日に軍勢を捨てて劉裕のもとに奔った。姚讚は夜に諸軍を率い、姚洸と石橋で落ち合おうとしたが、東晋軍がすでに諸門を固めており、姚讚の軍は入れず、士衆は驚いて散った。
姚洸は計略を出し尽くし、劉裕への降服を考えた。子の姚仏念は、年は十一、姚洸に、「晋人は欲が剥き出しです、きっと寿命を全うできません、自決しましょう」と言った。姚洸は憮然として(力が及ばず呆然として)答えなかった。姚仏念は宮殿の壁に登って飛び降り自殺した。姚泓は妻子を連れて塁門に到って投降した。姚讚も宗室の子弟百餘人を連れて劉裕に降ったが、劉裕は全員を殺し、残りの宗族は江南に移された。姚洸を建康の市に送って斬った、時に年は三十、在位二年であった。建康の百里以内は、草木が全て焦げて枯れた。姚萇は(東晋の)孝武帝の太元九(三八四)年に不当に君位に立ち、姚洸に至るまで三世、安帝の義熙十三(四一七)年に滅び、通算で三十二年である。

原文

史臣曰、自長江徙御、化龍創業、巨寇乘機而未寧、戎馬交馳而不息、晦重氛于六漠、鼓洪流於八際、天未厭亂、凶旅實繁。弋仲越自金方、言歸石氏、抗直詞於暴主、闡忠訓於危朝、貽厥之謀、在乎歸順、鳴哀之義、有足稱焉。景國弱歲英奇、見方孫策、詳其榦識、無忝斯言、遽踐迷途、良可悲矣。
景茂因仲襄之緒、躡苻亡之會、嘯命羣豪、恢弘霸業、假容沖之銳、俯定函秦。挫雷惡之鋒、載寧東北。在茲姦略、實冠凶徒。列樹而表新營、雖云效績、荐棘而陵舊主、何其不仁。安枕而終、斯為幸也。
子略克摧勍敵、荷成先構、虛襟訪道、側席求賢、敦友弟以睦其親、明賞罰以臨其下、英髦盡節、爪牙畢命。取汾絳、陷許洛、款僭燕而藩偽蜀、夷隴右而靜河西、俗阜年豐、遠安邇輯、雖楚莊・秦穆何以加焉。既而逞志矜功、弗虞後患。委涼都於禿髮、授朔方於赫連、專己生灾、邊城繼陷、距諫招禍、蕭牆屢發、戰無寧歲、人有危心。豈宜騁彼雄圖、被深恩於介士、翻崇詭說、加殊禮於桑門。當有為之時、肄無為之業、麗衣腴食、殆將萬數、析實談空、靡然成俗。夫以漢朝殷廣、猶鄙鴻都之費。況乎偽境日侵、寧堪永貴之役。儲用殫竭、山林有稅、政荒威挫、職是之由、坐致淪胥、非天喪也。
元子以庸愞之質、屬傾擾之餘、內難方殷、外禦斯輟。王師杖順、弭節而下長安。凶嗣失圖、係組而降軹道。物極則反、抑斯之謂歟。
贊曰、弋仲剛烈、終表奇節。襄實英果、萇惟姦桀。興始崇構、泓遂摧滅。貽誡將來、無踐危轍。

訓読

史臣曰く、長江 御を徙し、化龍 業を創めてより、巨寇 機に乘じて未だ寧らず、戎馬 交馳して息まず、重氛を六漠に晦(くら)まし、洪流を八際に鼓し、天 未だ亂を厭さず、凶旅 實に繁し。弋仲 金方より越えて、言に石氏に歸し、直詞を暴主に抗け、忠訓を危朝に闡(あき)らかにし、貽厥の謀、歸順に在り、鳴哀の義、稱するに足ること有り。景國 弱歲にして英奇なり、孫策に方(くら)べられ、其の榦識を詳らかにし、斯の言を忝ること無く、遽(には)かに迷途を踐み、良に悲しむ可し。
景茂 仲襄が緒に因り、苻亡の會を躡み、羣豪に嘯命し、霸業を恢弘し、容沖の銳を假り、俯して函秦を定む。雷惡の鋒を挫き、載(すなは)ち東北を寧にす。茲の姦略に在りては、實に凶徒に冠たり。樹を列て新營を表し、績を效すと云ふと雖も、棘を荐して舊主を陵き、何ぞ其れ不仁なる。枕を安じて終る、斯れ幸と為すなり。
子略 勍敵を克摧し、先構を荷成し、虛襟して道を訪れ、側席して賢を求め、友弟を敦くして以て其の親に睦し、賞罰を明らかにして以て其の下に臨み、英髦 節を盡し、爪牙 命を畢(つく)す。汾絳を取り、許洛を陷し、僭燕を款せしめて偽蜀を藩とし、隴右を夷して河西を靜にし、俗阜に年豐し、遠きは安く邇(ちか)きは輯く、楚莊・秦穆と雖も何を以て焉に加へんか。既にして志を逞にし功を矜りて、後患を虞はず。涼都を禿髮に委(す)て、朔方を赫連に授け、己を專らにして灾を生じ、邊城 繼きて陷り、諫を距みて禍を招き、蕭牆 屢々發し、戰ひは寧歲無く、人は危心有り。豈に宜しく彼の雄圖を騁して、深恩を介士に被るのみにして、詭說を翻崇して、殊禮を桑門に加ふるべきや。有為の時に當りて、無為の業を肄にし、衣を麗し食を腴し、殆んど將に萬數ならんとし、實を析し空を談じ、靡然として俗を成す。夫れ漢朝の殷廣なるを以てすら、猶ほ鴻都の費を鄙とす。況んや偽境 日に侵すをや、寧ぞ永貴の役に堪へん。儲用 殫竭し、山林 稅有り、政は荒れ威は挫き、職是としての由なり、坐して淪胥を致す、天の喪すに非ざるなり。
元子 庸愞の質を以て、傾擾の餘に屬(あ)ひ、內難 方に殷にして、外禦 斯れ輟む。王師 順に杖りて、節を弭して長安に下る。凶嗣 圖を失ひ、組を係して軹道を降す。物 極まれば則ち反するとは、抑々斯の謂かと。
贊に曰く、弋仲 剛烈にして、終に奇節を表す。襄 實に英果にして、萇 惟だ姦桀なり。興 崇構を始め、泓 遂に摧滅す。誡を將來に貽し、危轍を踐むこと無し。

現代語訳

史臣はいう、長江に都が移り、東晋が創業してから、巨悪たちが機に乗じて混乱を呼び、軍馬が交錯して、不吉な気が天地四方を暗くし、巨大な奔流が辺縁をあおり、天はまだ乱に厭かず、凶悪な集団が活発化した。姚弋仲が金方(西方)から移住して、後趙の石氏に帰属したが、暴主(石勒・石季龍)に直言し、忠訓を不安定な王朝で明らかにし、貽厥(子孫のため)の計略は、東晋に帰順することだったので、天下への悲歎は、称賛に値する。景国(姚襄)は若くして英雄であり、孫策に比較され、その才幹と見識を発揮し、その評価に恥じなかったが、にわかに迷走して死んだ、まことに悲しむべきだ。
景茂(姚萇)は姚弋仲と姚襄を継ぎ、前秦の苻氏の滅亡を受け、豪傑らに命令し、覇業を開始して広め、(前秦と対立する)慕容沖の強さを利用し、苦労せず関中や秦地方を平定した。雷悪地の矛先をかわし、東北方面を安寧にした。この狡猾な戦略は、五胡の筆頭であろう。軍営に樹木を植えて、戦功を表現したが、二心を持って旧主(前秦)を食い破った、なんと不仁なことか。布団で死ねたのは、幸福なことだった。
子略(姚興)は強敵を粉砕し、先代の事業を守成し、へりくだって道理に従い、座席をあけて賢者を求め、友愛により親族を睦ませ、賞罰を明らかにして配下に接し、英傑は節度を尽くし、武将は命を投げ出した。汾水や絳水一帯を統治し、許昌や洛陽を陥落させ、燕や蜀にある僭称国家を臣従させ、隴右を平定して河西を静穏にし、富豪も民衆が収入があり豊かとなり、遠近とも懐いたので、(春秋の名君とされる)楚の荘王・秦の穆公であっても姚興ほどではなかった。志と功績を達成したが、後の脅威にまでは思いが及ばなかった。涼都を禿髪氏に委任し、朔方を赫連氏に授与し、自分に夢中すぎて災難の原因を作り、辺境の城は相次いで陥落し、諫言を拒否して禍いを招き、家庭内の争いも頻発し、戦いがない年がなく、人々は危機感を抱いた。雄壮な国家計画を実現し、深い恩を兵士に与えればよかったが、詭弁に惑わされ、仏教僧を優遇してしまった。有為の状況に遭遇したが、無為の教えを実践し、衣食を豪華にして、ほとんど万を数える浪費をし、現実から切り放して空論を談じ、おかしな習俗に靡いた。漢王朝の全盛期ですら、都城では費用を節約した。ましてや国境が脅かされているのに、大きな歳出に堪えられようか。国庫は枯渇し、山林に課税し、政治は荒れて権威は落ち、これにより、座して苦難を引き寄せた、天が(後秦を)滅ぼしたのではない。
元子(姚泓)の素質は凡庸で怯懦であり、国家転覆の危機にあって、内では乱が連続して起こり、外では防衛線が破綻した。東晋軍が道理を体現し、(劉裕が)統率して長安を陥落させた。(統一秦のように)悪逆な後嗣は野心を失い、連なって軹道で降服したのである。物事が極まれば必ず反転するというのは、後秦王朝のことを言っているのだ。 賛にいう、姚弋仲は剛烈であり、最後に優れた判断をした(東晋への服従を遺言した)。姚襄は優れた英雄だが、姚萇は邪悪なだけの人物だった。姚興は偉大な国家を築いたが、姚泓のとき滅亡した。訓戒を将来に残し、危険な道を進まなかった。