雑感 > 趣味として歴史を学ぶということ

全章
開閉

01_生き方について悩んでいました

サイト更新が滞った理由

皆さん、ご無沙汰しています。…という挨拶をしたくなるくらい、サイトの更新が滞っています。
原因は2つありまして、1つめは、『魯粛伝』下が、思ったよりも作成期間が長期化していること。作品の方向性は明らかです。魯粛に、トレードをやらせてみよう、という話です。「何がやりたいか」も明確でして、迷っていません。いま、関羽との単刀会を書いています。なぜ完成が遅れているかというと、単純に作品が長いからです。平たく言えば、作業量が見込みより多くなってしまったから。作業というのは、つまり、小説の本文を書くこと、それ自体です。
上巻の1.5倍くらいの長さになっています。
作業量が多いこと、それ自体は、善でも悪でもないと思います。ただ、リリースが遅れていることは、生産者としては最悪なことです。失敗です。失敗ではありますが、それだけ「書きたいことがある」わけなので、悲観していません。あ、でも、発売予告を、たびたび破って申し訳ありません。もう少し、お時間をください。

『魯粛伝』上は、18年12月に発売。当初は、下巻を19年06月と宣伝しており、そのつもりだったのですが、間に合わず。19年12月と宣言しなおしたのですが、いまは、20年01月ですね。もう約束は破れないので、具体的な時期は言いませんが、もう終盤です。

『魯粛伝』すら完成させられていないのに、別テーマで次々と発信するのは、いかがなものか…という自主規制が掛かってしまい、サイト更新が減ってます。あくまで自主規制なので、余計なことかも知れません。

そして本題の2つめですけど、生き方の模索をしてました(笑)
今回は、その話をしたいなと思っています。
ぼくは、大学では文学部にゆき、歴史の勉強が好きでした。しかし、経済的な事情で、会社勤めを選びました。特殊な経歴などなく、平凡に、20代前半のことです。当時は(37歳となった現在に比べれば)持っている情報が限られており、より不完全な状況下の判断でしたが、この選択は、悪くなかったのかな…と思っています。
というか、「その選択が悪くなかった」という結論を導きだすため、意図的にバイアスを掛けまくって、生きてきたわけですから、この結論以外、あり得ないわけです。このように、バイアスを掛けるのは当然でして、なぜかと言えば、幸せになりたいからですね。幸福度を上げて、人生を送りたいからです。
打ちひしがれて、「ぼくの人生、大失敗だ。取り返しが付かない」と後悔していたら、こんなふうに、ネットに情報発信しているはずがありません。発信しているということは、一応の満足が得られ、形が整ったということです。そういう意味では、何重にも偏向した、客観性に欠く内容を、いまから書こうとしているわけですね。

想定する読者、そして結論

こういう文章を書くとき、想定する読者は、20代前半の自分です。
就職活動を始めた自分というのは、もはや「15年前の若者」なので、現代の若者とは違うでしょう。
ぼくは、会社員です。日常的に、学生とふれあう環境に身を置いているわけではありませんから、現代の若者のことは知りません。

職場には、ひと周り(12歳)下のひとがいますが、かれは職場の後輩であり、「ぼくよりも経験に劣る会社員」としてぼくの前に登場しています。かれのことは、会社員としては、ルールとマナーを守って接していますが、いま、ぼくが語り掛けたい相手ではない。

20代前半で、(おそらく正規雇用でアカデミック・ポストを獲得することが難しいとされている)文系学問に興味があるが、どのような進路を取ったらいいのか…という、20代前半の自分くらいに、教え諭したいと思います。
これをお読み頂いているのが、まさに10代後半~20代前半の方ならば、「時代背景が違うよ」と思うところは、置き換えて読んでください。それより年上のひとにも、参考にして頂けるように書くつもりです。

結論を先に書いちゃいますが、アカデミック・ポストにこだわらず、とりあえず、公務員なり一般企業なりに就職し(かならず正規雇用にこだわって)経済的な余裕を確保してから、勉強しても遅くないですよ。そのほうが、勉強が続けられる可能性がありますよ、という話をしたい。
逆説的な結論に見えますし、これが「逆説的に見える」という事態そのものが、若干、皮肉めいている気がしますが、ぼくが周囲のサンプルを見てきた範囲では、これが言えると思います。もちろん、上記のバイアスが掛かった上での結論です。

実家が資産家である、などの理由で、経済的な失敗が一切いらない、という方は、まったく当てはまらない話をします。あくまで、自分の力で何とかする…という話なので、そこはご了承ください。

ぼくと同じ生き方、結論を出したひとは、サンプル数がそんなに多くないですけど、同人誌をコンスタントに発行して、売上を伸ばしているひとと話し、確信を深めた内容なので、自分だけの話、すなわち、「サンプル数1」というわけではありません。とはいえ、再現性を保障した話でもないのですが…。200129

閉じる

ああ

なぜ今、発信するのか

36歳~37歳ぐらいにかけ、けっこう迷走したんです。外的に見れば、同じ会社に勤め続けているし、まあ、おおむね大過なくやっているよね、という評価になると思います。貯金もコンスタントに増えました。しかし、かなり揺れた上での、偽装した平穏というか、むりに作り出した結果オーライです。

先週日曜、人材紹介会社に行ってきました。
人材紹介会社とは、転職希望者と面談したり、履歴書を見たりして、「転職するとしたら、どこに応募できるか」を見積もって、案件を紹介してくれるところです。

かれらは、転職を成功させると、採用した企業から、「転職者の年収の○%」という決められた報酬をもらいます。

かれらは、転職させること=利益の発生なので、転職をあおるという誘引があります。これを利用し、「もしぼくが転職するなら、どんな転職が可能ですか」と聞けば、喜んで教えてくれるんです。それが、正当な仕事の一部です。へんな期待を持たせず、「労働市場のことを教えてください。情報収集に来ました」といえば、後腐れなく教えてくれます。

つづく(笑)

閉じる